人生を歩む

19
会社員二年目、受け身の人生から抜け出すために「自分のしたいこと・できること」を探したい
+1

会社員二年目、受け身の人生から抜け出すために「自分のしたいこと・できること」を探したい

質問自分のしたいこと・できることを模索している会社員二年目です。 結城さんに、自分のしたいこと・できることの探し方を聞いてみたいです。 話が少し長くなってしまうのですが、自分は中学生・高校生のころ無造作に本を読むことが好きで、その中に「数学ガール」もありました(夢中で読んでます。ありがとうございます)。 大学も数学科を目指していました。ただ実際の進路では当時のクラス担任にいわれるがまま、プログラミングを学べということに逆らうこともできずに情報科に進みました。 時は流れ

スキ
34
有料
200
どんなふうに生きていこうか

どんなふうに生きていこうか

ときどき「どんなふうに生きていこうか」と思う。 といっても、大きな目標があるわけではない。結城はこれまでも「《次の一歩》はこうしよう」という感じに進んできた。できそうなことをやってきて、できないことはやってこなかった。まったく目標への道がわからないけれど、ここへ向かおうというほどの力量はなかった。いつも「次の一歩」だけを考えてきたように思う。しかし、それでも十分たいへんだった。 大きな目標はなくて、今後もきっと「次の一歩」を考えて進むことになりそうだ。そしてそれに対して特

スキ
51
愛の原則(仕事の心がけ)
+1

愛の原則(仕事の心がけ)

こんにちは、結城浩です。 「愛の原則」をあなたは知っていますか。 これはほとんどすべての活動で役立つ奥義中の奥義です。 それは「相手のことを考える」という原則です。 教師なら「生徒のことを考えているか?」 営業マンなら「顧客のことを考えているか?」 著者なら「読者のことを考えているか?」 これは本当に役立つ知識なので覚えておきましょう。 よい教師は、自分の指導が生徒にどんな影響を与えているかを考えます。 よい営業マンは、自分が求めていることではなく、顧客が求めて

スキ
38