思い出の日記

1
ノート

聖書と祈りと教会と(思い出の日記)

※全文を公開している「投げ銭」スタイルのノートです。

日曜日の午前中は教会で礼拝。

今日は「いのち」というものについて考えた。

「いのち」は「時間」といってもいい。

今日、私がここに生きているということ。

それはいのちであり、時間である。

 * * *

毎週、教会に行く。忙しくても、眠くても。

いつもいつも「信仰深い気持ち」でいるわけではない。
でも、毎週、教会に行く習慣になってい

もっとみる
結城浩です。おともだちにもぜひ教えてね!
13