マガジンのカバー画像

文章を書く心がけ

55
文章を書くときのちょっとした心がけやヒントをお伝えします。
運営しているクリエイター

#クリエイター

自分の作品をおとしめない(文章を書く心がけ)

自分の作品をおとしめる行為をするクリエイタがときどきいます。たとえば、自分の作品をおとしめるニュアンスで「こんなしょうもない作品を高く評価する人なんて誰もいない」と主張するような行為のことです。 自分の作品をおとしめる行為は避けた方がいいと結城は思います。なぜなら、自分の作品をおとしめる行為は、その作品に注目した人や、高く評価した人をおとしめる行為になってしまうからです。 さらには、作品に注目するか否かや、作品をどう評価するかは受取手の問題なのだから、クリエイタがコントロ

スキ
27

自分の作品に「値付け」をする(仕事の心がけ)

結城浩の「コミュニケーションの心がけ」2016年4月5日 Vol.210 より 自分の作品に値段を付けること、すなわち「値付け」の話をしましょう。 結城は、文章を書いて生活しています。個人事業主として仕事をしていますので、お金のことを考えないわけにはいきません。出版社経由で印税をいただく、プラットホーム経由でメルマガやWeb連載のフィーをいただく。そのお金の源はすべて読者さん。結城は読者さんからお金をいただいて生きていることになります。 その際に絶対に避けて通れないのが

スキ
21
有料
200