仕事の心がけ

65
ひと味ちがう一年に(仕事の心がけ)

ひと味ちがう一年に(仕事の心がけ)

※結城メルマガVol.161より 先日、ある会社で電子書籍事業を軌道に乗せた方の話を聞いた。電子書籍事業に地道に投資し、努力して立ち上げてきたとのこと。その人の話を聞きながら、結城は別のことを考えていた。 事業や会社というと、大人数で動く「組織力」を想像しがちだ。しかし「キーマン」がひとり居るかどうかで大きく方向は変わる。組織力によって調査したり運営したりするのは楽になるかもしれないけれど、「こっちに進もう」という方向を定めるのは少人数だ。 「こっちに進もう」というため

スキ
20
ネガティブなセルフブランディングの危険性(仕事の心がけ)

ネガティブなセルフブランディングの危険性(仕事の心がけ)

※結城メルマガVol.282より 結城は本を書くのがメインの仕事であり、書評を書くことはほとんどありません。でも、本の解説や帯の文章などを頼まれることはたまにあります。 結城が書評を書くときの心がけは一つです。それは以下のように表現できます。  未読の人に対して、  結城にとって面白かった点を肯定的に伝えること この心がけから導かれる結論の一つとして、書評のお仕事を引き受けるときには必ず、以下の点を確認するようにしています。  読後、もしもつまらない本だったときには

スキ
50
フリーランスとグライダー(仕事の心がけ)

フリーランスとグライダー(仕事の心がけ)

※結城メルマガVol.119より フリーランスで一番うれしいことの一つは、今日一日の仕事を自分で決められる点です。 フリーランスで一番つらいことの一つは、今日一日の仕事を自分で決めなくてはいけない点です。 フリーランスで働く人は、今日一日の仕事を自分でデザインするのが基本です。何時にどこで仕事を開始し、何時に終了するかを自分ですべて決めます。もちろんその間にどんなことをするかも自分ですべて決めます。 それはうれしいことであり、同時につらいことでもあります。 会社勤め

スキ
32