仕事の心がけ

65
トラブルを受け止める態度(仕事の心がけ)

トラブルを受け止める態度(仕事の心がけ)

仕事をしていると、日々さまざまなトラブルが起きます。 トラブルが起きるのは、ある意味ではチャレンジをしているともいえます。その点では、自分をほめてもいいですが、だからといってトラブルがつらくないわけじゃないですね。 トラブルは、どんな態度で受け止めればいいのでしょう。  * * * 最近の結城のお気に入りは、  「まあ、そういうこともあるよね」 という受け止め方です。ほんとに声に出して「そういうこともあるさ」と言う場合もあります。 これは、トラブルを日常の一コマ

スキ
24
「言った!」「言ってない!」は失敗プロジェクト(仕事の心がけ)

「言った!」「言ってない!」は失敗プロジェクト(仕事の心がけ)

あるプロジェクトを進めているとしましょう。仲間同士の活動でもいいし、会社の業務でもいいのですが、ここでは会社の話とします。 プロジェクトは複数人で進めるのがふつうです。ときには複数の会社から人が集まることもあります。自社から何人、他社から何人、みたいな形でチームが作られ、プロジェクトが進行します。 多くの場合、プロジェクトでは定期的に打ち合わせや進捗報告がなされます。問題が起きれば相談して問題解決に当たります。必要があれば方針変更を行います。 さて、そこで。 プロジェ

スキ
22
「わからない」こそ伝えよう(コミュニケーションのヒント)

「わからない」こそ伝えよう(コミュニケーションのヒント)

くわしい状況が「わからない」とき、私たちは伝えるのをためらいがちです。でも「わからない」ことこそ、きちんと伝えた方がいいですよ。 ×「わからない」を伝えなかった例 社員「残念ながら、各モジュールとも開発が予定より遅れています。入力モジュールの開発は、四課のメンバに加わってもらうことにしました。出力モジュールの開発はヘルプが困難なので、機能を落とすことにします。報告は以上です」 上司「なるほど。ところで君は、三つあるモジュールのうち、二つしか言及しなかったようだが…」 社員

スキ
25
森博嗣『作家の収支』を読んで(仕事の心がけ)

森博嗣『作家の収支』を読んで(仕事の心がけ)

森博嗣さんの『作家の収支』という本を読みました。 最近はあまり読んでいませんが、数年前は森さんの作品をよく読んでいました。おそらく続けて数十冊は読んだと思います。 この『作家の収支』は、タイトルの通り、森さんの収入と支出について書かれている一冊です。十五億円の収入を自慢をするわけでもなく、もちろん卑下するわけでもなく、持論を得意げに語るわけでもない。研究会で発表するような淡々としたトーンで、データが並べられていきます。 森さんの考えはエッセーなどでもよく見ていましたから

スキ
37