本を書く心がけ

59
良き人の物語するは(徒然草 第五十六段より)

良き人の物語するは(徒然草 第五十六段より)

兼好法師作 結城浩訳 品がある人が話をするときには、たくさんの人がその場にいても、たった一人に向かって話します。それなのに自然と他の人まで引き込まれて聞いてしまいます。 ところが品のない人が話をするときには、誰かに向けてではなく、皆に対してでしゃばり、自分が見てきたかのように話します。なので皆同じように爆笑し、大騒ぎになってしまいます。こういうのはたいへん騒々しいものです。  * * * よきひとのものがたりするは ひとあまたあれど ひとりにむきていふを おのづからひ

スキ
21