本を書く心がけ

59
進捗が出ないときに自分に厳しく当たってしまう心理からの脱却(仕事の心がけ)

進捗が出ないときに自分に厳しく当たってしまう心理からの脱却(仕事の心がけ)

※この文章は、結城が『数学ガール/ポアンカレ予想』を書いている途中、なかなか進まなくて悩みに悩んでいるときに書いたものです。執筆が進まなくて自分に厳しくあたってしまう心理を自分なりに分析して、うまく切り換える方法を考えたプチ体験談が書かれています。同じように進捗が出なくて自分に厳しくあたる(そしてめげる)人には参考になるかもしれません。 結城浩のメールマガジン 2017年1月24日 Vol.252 より 進捗が出ないとめげてしまう『数学ガール/ポアンカレ予想』を書いていま

スキ
43
執筆において「見切る」ことは大切だが難しい(本を書く心がけ)

執筆において「見切る」ことは大切だが難しい(本を書く心がけ)

「本を書く心がけ」のコーナーです。今回は、  「見切る」ことは大切だが難しい というお話です。 以下に書かれているのは「まとまったハウツー」や「技術的にこうすればいい」というよりは、「本を書くときにはこんなふうにもがいている」という「エモい話」です。本を書こうとしている人や、本を書いていて何かに行き詰まっている人にはヒントになるかもしれません。長い文章を書くことに関心がない人にはピンと来ない内容だと思います。 結城浩のメールマガジン 2018年2月27日 Vol.30

スキ
3
有料
200