父から学んだ「教える」ということ

5

父から学んだ「教える」ということ[Part 3](教えるときの心がけ)

結城浩の「コミュニケーションの心がけ」2014年8月26日 Vol.126 より

夏になると結城は、亡き父のことを思い出す。

それは、8月が父の誕生月だからかもしれない。

 * * *

Part 1とPart 2は以下にあります。

 * * *

父は中学校の理科の教師をしていた。私が通っている中学校の教師。たいへん指導力があり、先生方も一目おく。そんな教師である。

とはいうものの、

もっとみる
結城浩です。はげまされるのはとってもうれしい!
3

父から学んだ「教える」ということ[Part 4](教えるときの心がけ)

結城浩の「コミュニケーションの心がけ」2014年9月2日 Vol.127 より

夏になると結城は、亡き父のことを思い出す。

 * * *

父は趣味でアマチュア無線や電子工作をやっていた。趣味といってもかなり本格的で、工具類や測定機器も充実していた。シンクロスコープが何台もあり、ドライバーやペンチの類いも数え切れないほどあった。私は父に、半田付けや電子工作を教えてもらった。

いや、それは正確

もっとみる
結城浩です。ありがとうございます(^^)
21