古今和歌集を読む

71

『古今和歌集を読む』の参考書

ノートを書く際には、以下を参考にしています。 新日本古典文学大系『古今和歌集』(岩波書店) 新編日本古典文学全集『古今和歌集』(小学館) 『新版 古今和歌集 現代語訳付き (角川ソフィア文庫)』 Kokinshu, A Collection of Poems Ancient and Modern (Cheng & Tsui) 第四版『全訳読解古語…

たぎつ瀬の早き心をなにしかも人目堤のせきとどむらむ

読人しらず 古今和歌集660 #jtanka   たぎる川の流れのようにあなたへの思いで激しくわきたっている私の心を、どうして人目が堤防のようにせきとめて邪魔をするのだろうか。 「たぎつ瀬」は「たぎつ+瀬」。「たぎつ」はタ行四段活用の動詞「たぎつ」の連体形で「水が激しく沸き立つように流れる」と…

思へども人目堤の高ければ川と見ながらえこそ渡らね

読人しらず 古今和歌集659 #jtanka   あなたのことをお慕いしてはおりますが、川の堤のように高い人目に気兼ねしてしまい、そこが川であるとわかっていても高い堤のために渡ることができないように、「そこにあなたがいらっしゃる」とわかっていてもとうてい逢いに行く決心がつかないのです。 「思へ…

夢路には足も休めず通へども現に一目見しごとはあらず

小野小町(おののこまち) 古今和歌集658 #jtanka   夢の通い路では足を休めることなくあなたのところに通っていますけれど、そのような夢の世界での経験は、現実の世界であなたを一目見たときほどすばらしくはありません。 「夢路」はよく恋の歌に出てくる。ここでは「夢」と「現」を対比している。…

限りなき思ひのままに夜も来む夢路をさへに人は咎めじ

小野小町(おののこまち) 古今和歌集657 #jtanka 尽きることのない恋の思いのままに、あの人は夜ならきっと来るでしょう。夢の通い路を通って私のところへ逢いに来ることまでは誰も咎めないでしょうから。 「夜も来む」の「も」は強意の係助詞。「来む」は「来+む」。「来(こ)」はカ変動詞「来(…

現にはさもこそあらめ夢にさへ人目を避くと見るが侘しさ

題知らず 小野小町 古今和歌集656 #jtanka   現実ではそういうこともあるでしょうけれど、夢の中でさえも人目を避けるあまり私に逢ってくださらないなんて、何という侘しさ。 「現(うつつ)」は「現実」の意味。「夢」と対比している。 「避く(よく)」は本によっては「守る(もる)」。「人目を…

ほととぎす夢か現か朝露のおきて別れし暁の声

読人しらず 古今和歌集641 #jtanka   ほととぎすよ。あれは夢だったのか、それとも現実だったのか。朝露が降りるころに起きてあの人と別れた朝に聞いた、おまえの鳴き声は。 「夢か現か(ゆめかうつつか)」の「……か……か」は自分に疑いを持つことを表す表現。「夢だろうか、それとも現実だろうか…

東雲の別れを惜しみ我ぞまづ鳥より先になき始めつる

題しらず #寵 (うつく) #古今和歌集 640 #jtanka #恋 夜明けの別れが惜しいので、明け方に鳴き始める鳥よりも先に、私の方が泣き始めてしまいました。 「東雲(しののめ)」は、夜明け前の頃。 「別れを惜しみ(をしみ)」は「別れ+を+惜し+み」。「惜し」はシク活用の形容詞「惜し」の終止形…

東雲の朗ら朗らと明けゆけばおのがきぬぎぬなるぞ悲しき

読人しらず 古今和歌集637 #jtanka   東の空はしらじらと明けてきて、あなたとわたしはそれぞれの服を着て別れていく。それは、ほんとうに悲しい。 「東雲(しののめ)」は「夜明け」の意味。 「朗ら朗ら(ほがらほがら)と」は次第に夜が明けていく様子を表す副詞。 「明けゆけば」は「明けゆけ+…

月見れば千々にものこそかなしけれわが身一つの秋にはあらねど

大江千里 古今和歌集193  百人一首23 #jtanka 月を見ると、ものごとをあれこれ悲しく思ってしまうなあ……私一人だけの秋ではないのだけれど。 「千々に」は形容動詞「千々なり」の連用形で「いろいろ、さまざまである」の意味。 「ものこそかなしけれ」は「もの+こそ+かなしけれ」。「もの」は…