古今和歌集を読む

86
かれ果てむ後をば知らで夏草の深くも人の思ほゆるかな

かれ果てむ後をば知らで夏草の深くも人の思ほゆるかな

#凡河内躬恒 (おおしこうちのみつね) #古今和歌集 #0686 #jtanka #恋 結局はあの人と別れてしまうかもしれないのに、私はそんな将来のことを考えもせず、あの人のことを、夏草が深く繁るように深く思っているんだよなあ。 「かれ」は「枯れ」と「離れ(かれ)」に掛けている。「枯れ」は「草」の縁語。 「夏草の」は「深く」の枕詞。 かれはてむ のちをばしらで なつくさの ふかくもひとの おもほゆるかなかれはてん のちをばしらで なつくさの ふかくもひとの おもおゆる

スキ
19