古今和歌集を読む

71

東雲の別れを惜しみ我ぞまづ鳥より先になき始めつる

題しらず #寵 (うつく) #古今和歌集 640 #jtanka #恋 夜明けの別れが惜しいので、明け方に鳴き始める鳥よりも先に、私の方が泣き始めてしまいました。 「東雲(しののめ)」は、夜明け前の頃。 「別れを惜しみ(をしみ)」は「別れ+を+惜し+み」。「惜し」はシク活用の形容詞「惜し」の終止形…