古今和歌集を読む

86
春雨の降るは涙か桜花散るを惜しまぬ人しなければ

春雨の降るは涙か桜花散るを惜しまぬ人しなければ

#大伴黒主 (おおとものくろぬし) #古今和歌集 88 #jtanka #短歌 #春 春の雨が降るのは涙なのでしょうか。桜の花が散るのを惜しまない人などいないのですから。 春の雨が降るのは春が流す涙なのでしょうか。だって、桜の花が散るのを惜しまない人なんていません。誰しもみな、桜の花が散るのを惜しんで涙を流します。人と同じように、春もまた涙を流しているのです。春の雨という形で。 「人しなければ」の「し」は強調を表す副助詞。「……し……ば」という形で使われることが多い。「

スキ
12