見出し画像

文章が完成間近になったときに感じるつらい気持ち(文章を書く心がけ)

結城浩

結城浩のメールマガジン 2017年10月3日 Vol.288 より

文章完成が近付くと、なぜかつらい気持ちになる

文章を書いているとき、前から気になっている現象があります。

結城メルマガ」でも「Web連載」でもかまいません。〆切前にがりがりと書き進めていて、分量的にはこのくらいで十分という段階まで来ます。

そのときに、「ものすごくつらい気持ち」に襲われるのです。

どういう気持ちかというと……

  • いま書いた文章が、さっぱりおもしろくない。

  • いま書いた文章が、無意味に思える。

  • いま書いた文章が、役に立たないように感じる。

そういう気持ちのことです。

自分がいままさに書いた文章が、おもしろくなくて、無意味で、役に立たないというのは、とてもつらい気持ちですよね。

このような「つらい気持ち」には、ほぼ毎回襲われます。驚くくらい、きちんきちんと襲われます。

ですから、まあ、そのような「つらい気持ち」がやってくること自体には慣れてしまいました。つらさは変わりませんが、その気持ちをなんとかやり過ごします。

ところが。

一夜明けて「結城メルマガ」や「Web連載」を読み返してみると、けっこうおもしろいのです(自画自賛)。粗いところもなくはないけれど、トータルではなかなかおもしろいぞ(自画自賛)。

これは不思議です。

たった一日(一晩)過ぎただけで、同じ文章に対する評価がどうしてこれほど変わるのでしょうか。

以前からこのことは気になっていたのですが、最近、その答えがわかったような気がします。がりがり書いた直後は最低の評価なのに、一晩明けたらその評価が回復するのか。その答えです。

  • すべてはギャップから生じている

  • 一日が過ぎて起きること

  • この話から得られる三つの教訓

  • 揺れ動く心とは別に淡々と行動する

この続きをみるには

この続き: 1,602文字 / 画像1枚

文章が完成間近になったときに感じるつらい気持ち(文章を書く心がけ)

結城浩

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
結城浩

いただいたサポートは、本やコンピュータを買い、さまざまなWebサービスに触れ、結城が知見を深める費用として感謝しつつ使わせていただきます! アマゾンに書評を書いてくださるのも大きなサポートになりますので、よろしくお願いします。 https://amzn.to/2GRquOl

結城浩
本を書く生活が来年で30年。著書は今年で60冊。『数学ガール』『プログラマの数学』『暗号技術入門』『数学文章作法』『Java言語で学ぶデザインパターン入門』他。2014年度日本数学会出版賞受賞。https://mm.hyuki.net/n/n5f00c9cd281c