見出し画像

いつとても恋しからずはあらねども秋の夕べはあやしかりけり

読人しらず 古今和歌集546 #jtanka 

どんな季節どんな時間でも人恋しくないというわけじゃないけど、秋の夕暮れとなるとむやみに人恋しくなるのは不思議なものだなあ。

「いつとても」の「とても」は、格助詞の「とて」と係助詞の「も」で、「いつといっても」「いつだって」の意味。

「あやしかりけり」の「けり」は詠嘆を表す助動詞。いわゆる「気付きの《けり》」である。はっと気付いて「ああ、〜だなあ!」と感じること。

「あやしかりけり」は「不思議だなあ!」だが、「あやしかりき」になると「不思議だった」という単なる過去の叙述になる。

なお「あやしかりけり」の「あやしかり」はシク活用の形容詞「あやし」の連用形。

いつとても こいしからずは あらねども あきのゆうべは あやしかりけり

※Photo by webtreats.
https://www.flickr.com/photos/webtreatsetc/5459627931/

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、本やコンピュータを買い、さまざまなWebサービスに触れ、結城が知見を深める費用として感謝しつつ使わせていただきます! アマゾンに書評を書いてくださるのも大きなサポートになりますので、よろしくお願いします。 https://amzn.to/2GRquOl

結城浩です。おともだちにもぜひ教えてね!
10
本を書いています。『数学ガール』『プログラマの数学』『数学文章作法』『暗号技術入門』など。https://link.hyuki.net/mm でメルマガ配信中。https://link.hyuki.net/girlnote でcakes連載中。2014年度日本数学会出版賞受賞。

こちらでもピックアップされています

古今和歌集を読む
古今和歌集を読む
  • 70本

古今和歌集(こきんわかしゅう)から親しみやすい歌を読みます。やさしい解説付き。ちょっぴり優雅な言葉の時間をあなたに。

コメント (3)
勉強なります!今百人一首はまってるので読みこんでしまいました。。マガジンフォローさせてもらいます!
オレは音で楽しむ方だけどちゃんとした知識があるというのは大事だなぁ~。覚えられんけどw
あとで加筆するためのリンク。
https://twitter.com/hyuki/status/1053432148001095680
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。