見出し画像

「あたりまえ」を「あらためて」(文章を書く心がけ)

結城は、「あたりまえ」のことを「あらためて」考えるのが好きです。

自分が見たもの、聞いたもの、ふと思いついたこと。それが「あたりまえ」だとしても「あらためて」考える。それを楽しく感じます。

「あたりまえ」というと、考えるのをそこでやめそうになります。だって、あたりまえなんですから。考えるまでもないことなんですから。でもあえてそこで「あらためて」考えてみる。

・ほんとうに「あたりまえ」なのかな。
・自分は「あたりまえ」と感じたけれど、実は違うんじゃないかな。
・「あたりまえ」と思っていたけど、見逃している要素があるんじゃないかな。

そんな疑問がふわふわっと心の底から浮かび上がってくるのです。

そして実際、どんなことでも、いろんな角度から見ることができます。少し考え直すだけで新しい局面が発見できるものです(ほんとに)。結城は、そういう発見が大好きです。

「あたりまえ」のことを「あらためて」考える。そして何かしらの発見がある。そうすると、つまらないと感じていた毎日が、おもしろくないと感じていた生活が、新しく生き生きと輝き始めるのです。

なーんだ。毎日がつまらないのではない。生活がおもしろくないのでもない。ただ、自分の目が曇っていただけじゃないか。

「あたりまえ」のことを「あらためて」考える。

あなたもぜひ、お試しください。

 * * *

結城浩はメールマガジンを毎週発行しています。あなたも購読してみませんか。

#結城浩 #文章を書く心がけ #発見 #日常 #生活

結城浩の「コミュニケーションの心がけ」2016年6月14日 Vol.220 より


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、本やコンピュータを買い、さまざまなWebサービスに触れ、結城が知見を深める費用として感謝しつつ使わせていただきます! アマゾンに書評を書いてくださるのも大きなサポートになりますので、よろしくお願いします。 https://amzn.to/2GRquOl

結城浩です。いつも応援ありがとうございます!
12
本を書いて生活しています。著書は『数学ガール』『プログラマの数学』『数学文章作法』『暗号技術入門』など多数。詳しい活動内容は https://mm.hyuki.net/n/n5f00c9cd281c をご覧ください。2014年度の日本数学会出版賞を受賞しました。

こちらでもピックアップされています

文章を書く心がけ
文章を書く心がけ
  • 40本

文章を書くときのちょっとした心がけやヒントをお伝えします。結城メルマガからの抜粋です。