見出し画像

命にもまさりて惜しくあるものは見はてぬ夢の覚むるなりけり

壬生忠岑(みぶのただみね) 古今和歌集609 #jtanka  

命以上に惜しいものといえば、大好きなあの人に会う夢を見ていたのに途中で目が覚めてしまうことだよなあ。

「見はてぬ夢」は「見はて+ぬ+夢」。「見はて」は「最後まで見る」という意味の動詞「見果つ」の未然形。「ぬ」は打ち消しを表す助動詞「ず」の連体形。「見はてぬ夢」は「最後まで見ることのない夢」の意味。

「見はて」は動詞の未然形。未然形なので打ち消しを表す言葉が続くはず。「ぬ」は打ち消しを表す助動詞「ず」の連体形。連体形なので体言(名詞)が続くはず。「夢」はもちろん名詞。

「なりけり」の「けり」は詠嘆を表す助動詞。いわゆる「気付きの《けり》」である。はっと気付いて「ああ、〜だなあ!」と感じること。

いのちにも まさりておしく あるものは みはてぬゆめの さむるなりけり
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
結城浩

いただいたサポートは、本やコンピュータを買い、さまざまなWebサービスに触れ、結城が知見を深める費用として感謝しつつ使わせていただきます! アマゾンに書評を書いてくださるのも大きなサポートになりますので、よろしくお願いします。 https://amzn.to/2GRquOl

結城浩です。《スキ》をしてくださるのは、大きなはげみです。感謝!
11
本を書いて生活しています。著書は『数学ガール』『プログラマの数学』『数学文章作法』『暗号技術入門』など多数。詳しい活動内容は https://mm.hyuki.net/n/n5f00c9cd281c をご覧ください。2014年度の日本数学会出版賞を受賞しました。