短時間で文章を書く/趣味で翻訳/言葉のイメージ/対案のない批判/必要性vs遊び/回答するモチベ/
見出し画像

短時間で文章を書く/趣味で翻訳/言葉のイメージ/対案のない批判/必要性vs遊び/回答するモチベ/

結城浩の「コミュニケーションの心がけ」2021年11月23日 Vol.504


目次

  • 対案のない批判をずるく感じてしまう

  • 「づくし」と「ずくめ」 - ショート

  • 必要性から生まれた発明と遊びから生まれた発明

  • 言葉に対して思い描くイメージ

  • 短時間で文章を書く方法 - 文章を書く心がけ

  • 趣味で翻訳したときのちょっとした話

  • 相手の身になって相談に回答するモチベーション - コミュニケーションのヒント


はじめに

結城浩です。

いつもご愛読ありがとうございます。

Kindle版「数学ガール」シリーズが2021年12月2日(木)まで50%オフのセールになっています。

よろしければご利用くださいね。

◆Kindle版「数学ガール」シリーズ(アマゾン)

では、今週の結城メルマガも、どうぞごゆっくりお読みください。


対案のない批判をずるく感じてしまう

質問

結城さんにちょっとお聞きしたいことがあります。

たとえば、ノーベル賞のニュースが流れると、そのたびに「日本の学術レベルが下がっている。嘆かわしい」などの批判が見受けられます。

しかし「対案」や「解決策」が付随されていないものが多く、単に批判して終わりになっているので、非常に「ずるく」感じてしまいます。

この直感は大切にすべきなのか、それとも考えすぎなのかどちらでしょうか。

回答

ご質問ありがとうございます。

対案や解決策が提示されずに批判をするのは、批判のための批判、言いたい放題で批判のしっぱなしだから「ずるい」という感覚でしょうか。

この続きをみるには

この続き: 9,605文字 / 画像7枚
記事を購入する

短時間で文章を書く/趣味で翻訳/言葉のイメージ/対案のない批判/必要性vs遊び/回答するモチベ/

結城浩

216円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
結城浩

いただいたサポートは、本やコンピュータを買い、さまざまなWebサービスに触れ、結城が知見を深める費用として感謝しつつ使わせていただきます! アマゾンに書評を書いてくださるのも大きなサポートになりますので、よろしくお願いします。 https://amzn.to/2GRquOl

結城浩です。はげまされるのはとってもうれしい!
本を書いて生活しています。著書は『数学ガール』『プログラマの数学』『暗号技術入門』『数学文章作法』など多数。詳しい活動内容は https://mm.hyuki.net/n/n5f00c9cd281c をご覧ください。2014年度の日本数学会出版賞を受賞しました。