見出し画像

逢ひ見ずは恋しきこともなからまし音にぞ人を聞くべかりける

#読人しらず #古今和歌集 678 #jtanka #恋 

もしもあなたに逢わなかったならば、これほど恋しく思うこともなかったでしょうに。あなたのことはただの噂としてだけ聞くべきだったのでしょうねえ。

「見ずは」は「見+ず+は」。「見」は動詞「見る」の未然形。「ず」は打消の助動詞「ず」の未然形。「は」は係助詞。「見ずは」は「見ないならば」の意味。

「なからまし」は「なから+まし」。「なから」は形容詞「なし」の未然形。「まし」は反実仮想の助動詞。「なからまし」は現実に反することを想像する表現。「(現実とは違って)……でしょうに」という意味。ここでは「逢わなかったら恋しくなかっただろうけれど、実際には逢ってしまったので、恋しく思ってしまう」という意味。

「音」は「お話」や「噂」のように耳で聞くだけのもの。ここでは「直接逢って相手を見る」ことと、「直接は逢わず、噂にだけ聞く」ことを対比しています。

「ぞ……ける」は係り結び。

「聞くべかりける」は「聞く+べかり+ける」。「べかり」は助動詞「べし」の連用形。「ける」は助動詞「けり」の連体形(係り結び)。「聞くべかりける」は「聞くべきだったのだろうなあ」という意味。

「噂として聞くべきだった」というけれど、もちろん「もう逢いたくない」という気持ちではありません。相手が恋しくて「もっと逢いたい」といっているのです。

あひみずは こひしきことも なからまし おとにぞひとを きくべかりける
あいみずは こいしきことも なからまし おとにぞひとを きくべかりける

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、本やコンピュータを買い、さまざまなWebサービスに触れ、結城が知見を深める費用として感謝しつつ使わせていただきます! アマゾンに書評を書いてくださるのも大きなサポートになりますので、よろしくお願いします。 https://amzn.to/2GRquOl

結城浩です。うれしいなあ……感謝!(^^)
23
書籍執筆者。著書に『数学ガール』『プログラマの数学』『数学文章作法』『暗号技術入門』など。http://bit.ly/hyuki-mm にて「結城メルマガ」をnote配信中。https://bit.ly/girlnote にてcakes連載中。2014年度日本数学会出版賞受賞。