執筆において「見切る」ことは大切だが難しい(本を書く心がけ)
見出し画像

執筆において「見切る」ことは大切だが難しい(本を書く心がけ)

結城浩

「本を書く心がけ」のコーナーです。今回は、

 「見切る」ことは大切だが難しい

というお話です。

以下に書かれているのは「まとまったハウツー」や「技術的にこうすればいい」というよりは、「本を書くときにはこんなふうにもがいている」という「エモい話」です。本を書こうとしている人や、本を書いていて何かに行き詰まっている人にはヒントになるかもしれません。長い文章を書くことに関心がない人にはピンと来ない内容だと思います。
結城浩のメールマガジン 2018年2月27日 Vol.309 より

この続きをみるには

この続き: 2,838文字 / 画像1枚

執筆において「見切る」ことは大切だが難しい(本を書く心がけ)

結城浩

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
結城浩

いただいたサポートは、本やコンピュータを買い、さまざまなWebサービスに触れ、結城が知見を深める費用として感謝しつつ使わせていただきます! アマゾンに書評を書いてくださるのも大きなサポートになりますので、よろしくお願いします。 https://amzn.to/2GRquOl

結城浩です。うれしいです!ありがとうございます(^^)
結城浩
本を書いて生活しています。著書は『数学ガール』『プログラマの数学』『暗号技術入門』『数学文章作法』など多数。詳しい活動内容は https://mm.hyuki.net/n/n5f00c9cd281c をご覧ください。2014年度の日本数学会出版賞を受賞しました。