結城浩
数学ガールのお知らせメール/新大学生、授業についていけない/人付き合いが苦手/練習問題と付き合う/雑な理由で退職?/攻めの睡眠/散歩しながら考えたこと/
見出し画像

数学ガールのお知らせメール/新大学生、授業についていけない/人付き合いが苦手/練習問題と付き合う/雑な理由で退職?/攻めの睡眠/散歩しながら考えたこと/

結城浩

結城浩の「コミュニケーションの心がけ」2022年6月21日 Vol.534


はじめに

こんにちは、結城浩です。

「数学ガールのお知らせメール」の話。

cakesクローズにともない、Web連載「数学ガールの秘密ノート」の移転を準備中です。

いわば「数学ガールのお引っ越し」ですね。

現在は過去記事および新規記事の公開方法に関して検討を進めているところですが、詳細は未定です。

そこで、今後の「数学ガール」関連情報をお伝えするための無料ニュースレターを立ち上げました。それが、「数学ガールのお知らせメール」です。

◆数学ガールのお知らせメール

このニュースレターはSubstackというニュースレターサービスを利用しています。ぜひご登録ください。

「数学ガールの物理ノート」シリーズ第二弾の話。

ここしばらく詰めて作業をしていた『数学ガールの物理ノート』の二冊目(コードネーム:PNOTE2)の原稿を、先週編集部に送って脱稿しました!

これからまだまだ作業は続きますけれど、ともあれ一区切りになりました。応援ありがとうございます!

新しい本が生まれるまではいつもわくわくしますね。今回も、たいへん面白い本になりますよー!

「数学ガール」を冠した本は、これまでに6+15+1+1=23冊(!)出ていることになります。

  • 「数学ガール」シリーズ6冊

  • 「数学ガールの秘密ノート」シリーズ15冊

  • 「数学ガールの物理ノート」シリーズ1冊

  • 講演集『数学ガールの誕生』1冊

今回のPNOTE2は24冊目になるということですね。

『数学ガールの物理ノート/ニュートン力学』1冊だけでは「シリーズ」とは呼びにくかったので、今回のPNOTE2の刊行が楽しみです!

◆『数学ガールの物理ノート/ニュートン力学』

* * *

それでは、今回の結城メルマガも、どうぞごゆっくりお読みください。


目次

  • 活躍する場を広げたい気持ちと、人付き合いへの苦手意識 - 人生を歩む

  • 数学書の練習問題との付き合い方 - 学ぶときの心がけ

  • 「雑な理由で退職した」と言うけれど - ショート

  • 新大学生、授業についていけなくて悩む - 学ぶときの心がけ

  • 「報復的夜更かし」と「攻めの睡眠」

  • 音声入力を使って、自分の活動を俯瞰的に見る - 散歩しながら考えたこと


活躍する場を広げたい気持ちと、人付き合いへの苦手意識 - 人生を歩む

質問

職場以外での社会とのつながりについて、アドバイスいただけたらと思います。

もともと自分は人付き合いに苦手意識があって、学生時代の先輩後輩やかつて縁のあった方とも、社会人になってからはほとんど付き合いを保っていません。過去の自分を知っている人に会うのを不思議と恐ろしく感じてしまうのです。

現在の人付き合いは家族と職場だけですが、ありがたいことに環境にも恵まれており、日々の生活で孤独や不満を感じることはありません。

ただ、職場や家庭以外にも付き合いや活躍できる場があれば、人生にもっと広がりが出るだろうなとは思います。

そういうわけで、少しでも自分の居場所を増やしてみようと一念発起して、Web上の趣味のコミュニティにいわゆる「ROM専」ではなく能動的に参加してみたのですが、ここでも人付き合いに卑屈になってしまう性分が出てしまい、居心地のいい場所にはならず、退会してしまいました。

リアルでもWebでも、相手には何の責もなく、ただひたすらに自分が卑屈になってしまうため、所属していること自体がだんだんと苦しくなってしまうのです。

「ないモノねだり」で可笑しいですよね。

活躍の場を複数持っている人を見かけると、わかっていても心底うらやましくなってしまいます。

こんな自分は、職場と家庭での人とのつながりを大事にして、それ以外の付き合いはあきらめた方がいいでしょうか。

回答

ご質問ありがとうございます。

あなたの置かれている状況は、なかなか表現が難しいと思うのですが、非常によく理解できました。

どうせよとは言えませんけれど、私が感じたことをあれこれ書いてみますね。

この続きをみるには

この続き: 7,749文字 / 画像6枚
記事を購入する

数学ガールのお知らせメール/新大学生、授業についていけない/人付き合いが苦手/練習問題と付き合う/雑な理由で退職?/攻めの睡眠/散歩しながら考えたこと/

結城浩

216円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
結城浩

いただいたサポートは、本やコンピュータを買い、さまざまなWebサービスに触れ、結城が知見を深める費用として感謝しつつ使わせていただきます! アマゾンに書評を書いてくださるのも大きなサポートになりますので、よろしくお願いします。 https://amzn.to/2GRquOl

結城浩です。応援ありがとうございます。とてもうれしい!
結城浩
本を書く生活がもうすぐ30年目。著書は『数学ガール』『プログラマの数学』『暗号技術入門』『数学文章作法』など50冊以上。活動内容は https://mm.hyuki.net/n/n5f00c9cd281c をご覧ください。2014年度の日本数学会出版賞を受賞しました。