見出し画像

あふれでる中から選ぶ(文章を書く心がけ)

※この文章は結城メルマガVol.222からの抜粋です。

「文章を書く心がけ」のコーナーです。

今回は「あふれでる中から選ぶ」というお話。

 * * *

文章を書くときには「あふれでる中から選ぶ」のが大事だと思っています。

たとえば語彙

文章を書くというのは言葉を並べていく仕事ですから、どのような言葉を使うかは本質的です。そして貧弱な語彙しかなかったら、言葉の選択肢は限られてきます。それは書き手として不利。豊かな語彙を持っていたら、より適切な言葉を選ぶことができるでしょう。

たとえば実例

読者にわかりやすい文章を書くためには、読者が親しみやすい実例を持ってくることが大事です。そのためには実例の引き出しをたくさん持っていることが必要。相手の年齢に合わせて、興味関心に合わせて、既知の分野に合わせて、実例を選ぶことができれば、よりわかりやすい文章が書けるでしょう。

たとえば構成や文体

読者は多様なものです。多様な読者に受け入れてもらうためには、いろんな文章を構成できる力を持っていたほうがいいでしょう。いつも説明口調、いつもマニュアル風、いつもアジテーション、いつも夢見がち……そういうワンパターンではなく、必要に応じて自由に文章を構成できるなら、そしてそこから選択できるなら、新鮮な文章が書けるはず。

さて。

話を展開してきましたが、ここまではいわば「あおり」です。次にこれらをひっくり返していきましょう。

だって、こういう「あふれでる中から選ぶ」というのは、とても難しいことですから。それができれば苦労はないよ、という話でもあります。ですから、もう少していねいに検討する必要がありそうです。でないと、現実的になりませんからね。

この続きをみるには

この続き: 2,002文字

あふれでる中から選ぶ(文章を書く心がけ)

結城浩

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、本やコンピュータを買い、さまざまなWebサービスに触れ、結城が知見を深める費用として感謝しつつ使わせていただきます! アマゾンに書評を書いてくださるのも大きなサポートになりますので、よろしくお願いします。 https://amzn.to/2GRquOl

結城浩です。《スキ》を送ってくださってありがとうございます!
7
本を書いて生活しています。著書は『数学ガール』『プログラマの数学』『数学文章作法』『暗号技術入門』など多数。詳しい活動内容は https://mm.hyuki.net/n/n5f00c9cd281c をご覧ください。2014年度の日本数学会出版賞を受賞しました。

こちらでもピックアップされています

文章を書く心がけ
文章を書く心がけ
  • 40本

文章を書くときのちょっとした心がけやヒントをお伝えします。結城メルマガからの抜粋です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。