見出し画像

長距離走と貝殻(文章を書く心がけ)

購入すると同内容の電子書籍(epubとPDF)がダウンロードできます。

結城浩の「コミュニケーションの心がけ」2014年12月9日 Vol.141 より

「文章を書く心がけ」のコーナーです。

国語の授業

中学校のころ。

中学校では、数学も英語もすごく楽しかった。はっきりと「学ぶべき次のこと」がわかった。たとえば関数。たとえば現在完了。先生が教えてくれる、それらの新しい事項を楽しんで学んだ。授業が始まる前にはわからなかったことが、授業が終わった後ではわかるようになっていた。

でも、数学や英語に比べると、国語の授業はそれほど楽しくなかった。

国語の教材として出てきた文章は、アドホックに出されたもののように感じた。何のためにその文章を読むのか、そこから何を学べばいいか、中学生の自分には理解できなかった。授業時間の前後で自分の中に明確な変化が見えなかった。

あれは、なぜだったんだろう。

国語という科目の特質なのか。教科書が悪かったのか。教師が悪かったのか。私が非力だったのか。

国語の勉強は、結局「授業で学んだこと」ではなく、授業以外の「個人的な読書」で対処したように思っている。

国語といっても、古文や漢文は楽しかった。私にとって異質だったのは現代国語だけだった。

この続きをみるには

この続き: 2,175文字

長距離走と貝殻(文章を書く心がけ)

結城浩

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、本やコンピュータを買い、さまざまなWebサービスに触れ、結城が知見を深める費用として感謝しつつ使わせていただきます! アマゾンに書評を書いてくださるのも大きなサポートになりますので、よろしくお願いします。 https://amzn.to/2GRquOl

結城浩です。応援ありがとうございます。とてもうれしい!
5
本を書いています。『数学ガール』『プログラマの数学』『数学文章作法』『暗号技術入門』など。https://link.hyuki.net/mm でメルマガ配信中。https://link.hyuki.net/girlnote でcakes連載中。2014年度日本数学会出版賞受賞。

こちらでもピックアップされています

文章を書く心がけ
文章を書く心がけ
  • 40本

文章を書くときのちょっとした心がけやヒントをお伝えします。結城メルマガからの抜粋です。