見出し画像

有明のつれなく見えし別れより暁(あかつき)ばかり憂きものは無し

壬生忠岑(みぶのただみね) 古今和歌集625 百人一首30 #jtanka 

明け方にまだ残っている月が薄情なものに見えたあの別れの朝から、夜明け前の時分くらい気が滅入るものは無くなりました。

「有明」は「明け方になってもまだ空に残っている月」のこと。

「つれなく」はク活用の形容詞「つれなし」の連用形で「薄情である」という意味。

「見えし」は「見え+し」。「見え」はヤ行下二段活用動詞「見ゆ」の連用形で「見える」の意味。「し」は過去の助動詞「き」の連体形。「見えし」は「見えた」の意味。

「暁」は「夜明け前のまだ暗い時」のこと。

「ばかり」は、打ち消しの言葉を下に付けて最高の程度を表す助詞。「暁ばかり……は無し」で「暁ほど……はない」の意味。

ありあけの つれなくみえし わかれより あかつきばかり うきものはなし

※Photo by webtreats.
https://www.flickr.com/photos/webtreatsetc/5459627931/

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、本やコンピュータを買い、さまざまなWebサービスに触れ、結城が知見を深める費用として感謝しつつ使わせていただきます! アマゾンに書評を書いてくださるのも大きなサポートになりますので、よろしくお願いします。 https://amzn.to/2GRquOl

結城浩です。応援ありがとうございます。とてもうれしい!
10
本を書いています。『数学ガール』『プログラマの数学』『数学文章作法』『暗号技術入門』など。https://link.hyuki.net/mm でメルマガ配信中。https://link.hyuki.net/girlnote でcakes連載中。2014年度日本数学会出版賞受賞。

こちらでもピックアップされています

古今和歌集を読む
古今和歌集を読む
  • 70本

古今和歌集(こきんわかしゅう)から親しみやすい歌を読みます。やさしい解説付き。ちょっぴり優雅な言葉の時間をあなたに。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。