見出し画像

働きたくない(仕事の心がけ)

結城浩

質問

結城さん。

「働きたくない」という感情が強過ぎて、ついに大卒ニートになってしまいました。

それなりに良い成績を取って良い大学に入ったまではなんとかなったのに、働くことに関してはバイトすら異常に嫌がるこの心と身体を、叩き起こす方法はあるのでしょうか。

結城浩のメールマガジン 2019年10月1日 Vol.392 より

回答

ご質問ありがとうございます。

まずは、落ち着きましょう。それから「働きたくない」と自分が感じているのだと認めましょう。もちろんあなたはそれを認識はしていますけれど、即座にそれを否定しようとしていないでしょうか。「こんなことではいけない」と。「働きたくないと思うのはいけない」と即座に否定していては考えることができなくなりますから、まずは丁寧に「働きたくない」と自分が感じていることを認め、受け入れましょう。

話はそこからです。その上で「自分が『働きたくない』と感じるのはどういう意味なのか」を丁寧に調べましょう。

自分が働きたくないというのは、未知の環境に身を置きたくないという意味なのかな? よく知らない世界に入り、よく知らない人々の中に行って、おどおどしたり戸惑ったりしたくないという意味でしょうか。

自分が働きたくないというのは、責任や義務が発生することに飛び込みたくないのかな? この作業はあなたがこの日までにやらなければいけませんと言われるようなことがいやなのでしょうか。ミスしたら、あなたがそれを償わなければいけませんという状況に入りたくないという意味でしょうか。

自分が働きたくないというのは、他人から見下されたり指示されたりするのがいやなのかな? 他人から軽んじられたり、未経験だと思われたり、子供扱いされたりすることがいやなのでしょうか。

自分が働きたくないというのは、決まった時間に決まったことをしたくないのかな? 勤務時間は仕事場所に拘束されて、定められた作業をしなければならないのがいやなのでしょうか。自分の好きな時間に好きなことをしたいという意味でしょうか。

自分が働きたくないというのは、もしかして、お金に関わることをしたくないのかな? 未知の環境はいいし、これをやれと言われるのもいい、決まった作業もいい、でもそこにお金が発生することに嫌悪感を覚えるという意味でしょうか。

以上、私が思いつく「働きたくない」意味をいくつか描いてみました。この中にあなたの気持ちにぴったりくるものがある可能性は低いですけれど、こんな感じで自分の「働きたくない」を表現してみてください。

あなたの質問では「働きたくない」への対処として「心と身体を、叩き起こす」と表現していました。しかしながら、あなたがいま思っている対処はうまく行かないと思います(うまく行くなら、このような質問はしてこないからです)。対処を考える前に、あなたの「働きたくない」の正体を見つけましょう。

「働きたくない」を丁寧に調べるときに、自分の感覚を安直に否定しないようにしましょう。あなたは苦しんでいます。それは、自分の思いや行いのどこかに矛盾や葛藤があるからです。思考と行動の中にズレている部分やせめぎ合いがあるから悩むのです。気付いたことを即座に否定していては、肝心のところにたどり着けません。いったんは、自分を自分で受け入れましょう。

そこから先はあなた次第です。自分の「働きたくない」という気持ちのどこかに、あなたが嫌がるポイント、あなたにとって恐ろしいポイントがあります。一つとは限りませんけれど、そのポイントを何とか緩和や回避する方法を見つけましょう。

そのときには百パーセントの突破を狙わないのがコツです。0を0.001に変えるくらいの感覚で、自分の行動に変化を起こしましょう。

自分の行動を変えることに一回か二回成功したあと、またうまく行かなくなることもあります。そこで「ああ、やっぱり自分は駄目なんだ」とは考えないようにします。自分が思う通り自分が動ける場合もありますし、そうならない場合もあります。人間はロボットではないのですから、それが当たり前です。自分の現在を少しずつでもいいから変えたいと思い、具体的に(どんなに小さくてもいいから)動き続けること、そしてうまく行かなくてもまたリトライすることです。

もしも「スタートに戻っちゃった!ゼロだ、いやマイナスだ!」みたいな出来事があっても「自分にはもう一度、変化を起こせる」という経験を積むのが大事です。

大丈夫。あなたにはできます。まずは落ち着きましょう。そして小さくても具体的な変化を起こしましょう。

応援しています。

画像1

質問はこちらからどうぞ。

結城浩はメールマガジンを毎週発行しています。

#結城浩 #仕事の心がけ #仕事 #働きたくない #ニート


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
結城浩

いただいたサポートは、本やコンピュータを買い、さまざまなWebサービスに触れ、結城が知見を深める費用として感謝しつつ使わせていただきます! アマゾンに書評を書いてくださるのも大きなサポートになりますので、よろしくお願いします。 https://amzn.to/2GRquOl

結城浩
本を書く生活が来年で30年。著書は今年で60冊。『数学ガール』『プログラマの数学』『暗号技術入門』『数学文章作法』『Java言語で学ぶデザインパターン入門』他。2014年度日本数学会出版賞受賞。https://mm.hyuki.net/n/n5f00c9cd281c