自分の作品の価値がどこにあるのかわからない(本を書く心がけ)
見出し画像

自分の作品の価値がどこにあるのかわからない(本を書く心がけ)

質問

こんにちは。

クリエイタとして「自分の作品の価値」を磨きましょう、それを言葉にしましょう、と言われます。しかし、自分の作品のどこに価値があると認められているのか、正直よくわかりません。

ネット上に作品を出すと、30~50回ほど見に来ていただいてるようなので、惹かれるところがないわけではないと思います。

ただ、何を求めていらしているのかがわからなくて「磨く方向に迷う」といいますか……

結城さんは、ご自身の作品について、読者がどんなところに価値を感じているとお考えですか。また、結城さんがそう考えるようになったのはなぜでしょうか。

結城浩のメールマガジン 2019年2月5日 Vol.358 より

回答

ご質問ありがとうございます。

以下では、
・作品の価値はどこにあるのか
・作品の価値をどうやって見出すか
について、『数学ガール』の例を交えたり、ぶっちゃけたエモい話を交えたりしながらお話ししたいと思います。

この続きをみるには

この続き: 4,360文字 / 画像1枚

自分の作品の価値がどこにあるのかわからない(本を書く心がけ)

結城浩

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
結城浩

いただいたサポートは、本やコンピュータを買い、さまざまなWebサービスに触れ、結城が知見を深める費用として感謝しつつ使わせていただきます! アマゾンに書評を書いてくださるのも大きなサポートになりますので、よろしくお願いします。 https://amzn.to/2GRquOl

結城浩です。うれしいなあ……感謝!(^^)
本を書いて生活しています。著書は『数学ガール』『プログラマの数学』『暗号技術入門』『数学文章作法』など多数。詳しい活動内容は https://mm.hyuki.net/n/n5f00c9cd281c をご覧ください。2014年度の日本数学会出版賞を受賞しました。