見出し画像

奥義は出し惜しみせずに公開しよう(文章を書く心がけ)

※この文章は結城メルマガVol.253からの抜粋です。購入すると電子書籍(epubとPDF)がダウンロードできます。

もしもあなたが、何かを作る人間で、

 「これこそ自分のコアコンピタンスにして奥義中の奥義!」

というものを持っているなら、それを公開することを考えてみてください。

ブログ記事にしてもいいし、本に書くのもいいでしょう。とにかく「奥義」とやらが形にできるなら、できるだけ早く形にして公開することを検討してみてください。

これを盗まれたなら、自分は何もできなくなると恐れて、その「奥義」を隠してしまうのは、もしかしたら賢明なことではないかもしれません。

私の経験からお話しすると、自分のノウハウは、いくら公開しても絶対に損することはありません。また、何らかの形で誰かに真似されても決して損することはありません。これは私の持論です。

むしろ真逆です。自分が持っている奥義やノウハウを、どのようにしたら公開できるかに心を注ぐと「いいこと」が起きます。なぜか、やりたがらない人が多いようですけれど。

自分のノウハウや奥義を他人に説明したら、簡単にパクられてしまうじゃないかと恐れる人がいます。でも、そんなに簡単にパクられてしまうなら、そもそもそれは大したノウハウでも奥義でもなかったのです。つまり、そこに自分の軸足を乗せるべきものではなかったといえます。

この続きをみるには

この続き: 1,943文字

奥義は出し惜しみせずに公開しよう(文章を書く心がけ)

結城浩

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、本やコンピュータを買い、さまざまなWebサービスに触れ、結城が知見を深める費用として感謝しつつ使わせていただきます! アマゾンに書評を書いてくださるのも大きなサポートになりますので、よろしくお願いします。 https://amzn.to/2GRquOl

結城浩です。《スキ》を送ってくださり感謝。はげみになります!
30
本を書いています。『数学ガール』『プログラマの数学』『数学文章作法』『暗号技術入門』など。https://link.hyuki.net/mm でメルマガ配信中。https://link.hyuki.net/girlnote でcakes連載中。2014年度日本数学会出版賞受賞。

こちらでもピックアップされています

文章を書く心がけ
文章を書く心がけ
  • 40本

文章を書くときのちょっとした心がけやヒントをお伝えします。結城メルマガからの抜粋です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。