結城浩の「コミュニケーションの心がけ」2018年1月16日 Vol.303
見出し画像

結城浩の「コミュニケーションの心がけ」2018年1月16日 Vol.303

はじめに

結城浩です。

いつも結城メルマガをご愛読ありがとうございます。

 * * *

『プログラマの数学 第2版』の話。

『プログラマの数学 第2版』がようやく刊行されました!

先週末にサイン本が先行販売され、 今週には通常本も販売が始まります。 毎度毎度思うことですけれど、 新しい本が出るのはほんとうにうれしいです。

ありがたいことに、 アマゾンでは数学一般書籍でランキング一位となりました。 たくさんの応援に感謝しています。

また、驚いたことがあります。 書泉ブックタワーの「コンピュータ書ベスト1/7-1/13」で、 『プログラマの数学 第2版』がランキング二位になっていたこと。 多くの読者さんが買って下さったのですね。感謝です!

 ◆書泉ブックタワーコンピュータ書ベスト
 https://twitter.com/shosen_bt_pc/status/952394292462477313

 ◆『プログラマの数学 第2版』
 http://www.hyuki.com/math/

 * * *

『数学ガール6』の話。

もう少しなんです。

「数学ガール」シリーズの第6弾となる、 『数学ガール6』の脱稿の話です。

現在は第10章(最終章)を書いているところ。 何とか、何とか、 今週中にはレビューアさんに送ります。

結城の予定では2018年1月30日までには、 少なくとも第1章〜第10章までは脱稿したいのです!

がんばります。

 * * *

論理的に考える話。

ふだん意識して論理的に考えていないけれど、 「論理的に考える練習」をしてみたいという方へ。

魔法の言葉を差し上げましょう。

「論理的に考える練習」をする魔法の言葉とは、

 「なぜかというと」

です。自分が何かを考えるときに、 ときどき、この魔法の言葉を心の中でつぶやいてみるのです。 それは「論理的に考える練習」になります。

なぜかというと「なぜかというと」とつぶやくと、 心はひとりでに理由や根拠を考え始めるからです。

「今晩は早く寝た方がよさそうだ。 なぜかというと……」

「銀行からお金をおろしておこう。 なぜかというと……」

「私の勉強方法はまずいんじゃないかな。 なぜかというと……」

どんなことを考えるときにも「なぜかというと」 という魔法の言葉は使えますね。 何となくの思いつきで考えを進めるのではなく、 ただの印象論で判断をするのではなく、 理由や根拠を探してみる。 それは「論理的に考える練習」の一つといえるでしょう。

ぜひお試し下さい!

 * * *

「なぜの呪い」の話。

一つ前の話と一見矛盾するようですが、 「なぜ」を問うことには危険があるという話をします。

それはしばしば「なぜの呪い」と呼ばれています。 この表現はワインバーグ『コンサルタントの秘密』で知りました。

理由は決して品切れになりません。 「なぜそれをするのか」「なぜそれをしないのか」 「なぜ」「なぜ」「なぜ」…… いくらでも問いを続けることができますし、 いくらでも理由を求め続けることができます。

言い換えるなら「なぜ」を問い続けることは、 無限に時間を消費してしまう危険性があるということです。

『コンサルタントの秘密』には「ムカデ」の話が出てきます。 そのムカデは、バッタからこんな質問を受けました (表現を変えて紹介します)。

 散歩するときには、どの足を先に出すんですか。
 どの足を先に出すか、どうやって決めるんですか。
 なぜ、その足を先に出さなくちゃいけないんですか。

かわいそうなムカデは、一歩も歩けなくなってしまいました。

論理的に考えるのは大事で、 「なぜ」を問うことは有効ですが、 問いすぎることは問題ですね。

 * * *

記憶力の話。

結城は丸暗記が苦手です。 何かを暗記するときには、 物語のように連なった自然な絡み合いがないと、 なかなか覚えられません。

といっても、 そんな物語を作るわけにもいきません。 高校生時代に暗記するときには、 自分で歌にして覚えたこともありました。 頭文字だけをつなげて適当なメロディを付けるのです。

あるいはまた、 通学路の街角と関連づけて、 歴史の順序を覚えたりすることもありました。

最近はこのようにします。 暗記するときに「覚えよう」としません。 そうじゃなくて、

 次回、私が「これ」を思い出すときには、
 何を手掛かりにして思い出そうとするだろうか?

と考えるのです。 つまり「覚える」ことに意識を向けるのではなく、 「思い出す」ことに意識を向けるといえるでしょう。

こういう発想は、暗記以外にも役立ちます。 たとえば「探し物が多い人」「忘れ物が多い人」 にも役立つでしょう。

探し物が多い人は、 何かものを片づけるときに、

 次回、私が「これ」を探すときには、
 部屋のどこを探そうとするだろうか?

と自問します。そしてその場所に置くのです。 たとえそこが、 片づけようとする自分の意図に反する場所だとしても。 そして多くの場合、自分の意図に反する場所でしょう。 だって「片づけたがる場所」と「探したがる場所」 の不一致が「探し物が多い」状況を生んでいるわけですから。

忘れ物が多い人も同じです。 大切なものを持っていくのを忘れるのは、 誰しもあることですが、 それが頻繁に起きるなら困りますよね。 そういうときには、

 私が出かけるときに「必ず見るもの」は、
 いったい何だろうか?
 あるいは「必ず手にするもの」は、
 いったい何だろうか?

と自問します。そしてその見るものや 手にするもののところに「忘れてはいけない大切なもの」 に関するメモを置いておくのです。 そうすれば、 出かける前に必ず思い出すことができるでしょう。

記憶法に関して、もう少しいいましょう。 「覚えるとき」には、 「思い出すとき」のことを考えました。 実は「思い出すとき」には逆に、 「覚えたとき」のことを考えるのです。

 自分は以前、これを覚えようと思ったはずだ。そのときには、
 あとで自分が思い出すときの手掛かりも合わせて覚えたはず。
 さあ、いまこそ思い出すべきときだ。
 過去の私が用意した手掛かりは何だ?

と自問するということです。

すなわち、過去の自分と現在の自分が協力して思い出すのです。

ぜひ、試してみてください!

 * * *

気力が出ないときの話。

仕事にせよ、勉強にせよ、 「気力が出ない」というときがあります。

人によって表現はさまざまです。 気力が出ない、モチベーションが上がらない、 やる気がしない、眠い、帰りたい、サボりたい……

もちろん結城もそういうときがあります。 昔は「こんな怠け心を起こしちゃだめだ」 と思ったものです。 でも最近は違います。

気力が出ないなと感じたときには、

 ・低気圧が来ていないか?
 ・お腹が空いていないか?
 ・昨晩はよく眠れたっけ?

という項目をチェックします。 つまり、自分の怠け心に要因を求めるのではなく、 低気圧・空腹・睡眠という要因を確認するのです。

低気圧が来ると、 頭がどよんとして血のめぐりが悪くなります(私は)。

お腹が空いていると、 「よしやるぞ!」という元気は出ないし、 「私は大丈夫だろうか」と余計な不安が襲ってきます。

睡眠不足だと、 そもそも眠くなりますし判断力も鈍ってきます。 身体を動かすのもだるくなります。

自分は頭だけで動いているわけでなく、 肉体を持って動いています。 いくらソフトウェアをスピーディに動かそうとしても、 ハードウェアのクロックが低下していては話になりません。 ですから、自分の意識で気力をアップさせる前に、 ダウンさせている要因がないかをチェックするのです。

それに、気力が出ないのを自分のせいにすると、 かえってめげてしまう悪循環になりやすいものです。 気圧や空腹や睡眠不足のせいにしちゃえ!

(睡眠不足は自分のせいかもしれないけど……)

 * * *

それではそろそろ、 今回の結城メルマガを始めましょう。

どうぞ、ごゆっくりお読みください!

目次

はじめに
再発見の発想法 - 投機的実行
ミスしたときにはどうするか - 仕事の心がけ
嫉妬の感情と本を書く動機 - 本を書く心がけ
おわりに

この続きをみるには

この続き: 5,014文字 / 画像4枚
記事を購入する

結城浩の「コミュニケーションの心がけ」2018年1月16日 Vol.303

結城浩

216円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
結城浩

いただいたサポートは、本やコンピュータを買い、さまざまなWebサービスに触れ、結城が知見を深める費用として感謝しつつ使わせていただきます! アマゾンに書評を書いてくださるのも大きなサポートになりますので、よろしくお願いします。 https://amzn.to/2GRquOl

結城浩です。応援ありがとうございます。とてもうれしい!
本を書いて生活しています。著書は『数学ガール』『プログラマの数学』『数学文章作法』『暗号技術入門』など多数。詳しい活動内容は https://mm.hyuki.net/n/n5f00c9cd281c をご覧ください。2014年度の日本数学会出版賞を受賞しました。