見出し画像

100日を1セットで考える(仕事の心がけ)

結城浩

100日を1セットで考える」という話をしましょう。

たとえば現在50歳の人が80歳まで活動をしたいとしましょう。単純計算で30年間ありますね。閏年とか細かいこと言わずに365を掛けると10950日。これを約10000日としておきましょう。つまり、現在50歳の人が持っている残り時間は約10000日になります。

10000日というと大きさがピンと来ないので、

 「100日を1セットで考える」

ことにしましょう。100日あったら何かしらまとまった活動ができそうですよね。1セットでまとまった活動が1個できると考える

そうすると残り時間10000日というのは、

 「50歳から、まとまった活動が100個できる」

と言い換えることができます。30年で100個。さあこれを多いと見るか少ないと見るか。

同じ計算を20歳に対して行ってみます。現在20歳の人が80歳まで活動するとしたら、単純計算で残り時間は60年間。すると、100日を1セットで考えるなら、

 「20歳から、まとまった活動が200個できる」

といえます。60年で200個。ふーむ……

100日を1セットとすると、1日はその1パーセントになりますね。3〜4ヶ月で1セット。1年は3〜4セット。

自分に残された時間は何セットあるか。

そのうちの何セットを使って自分は何をするか。

そのように考えるのは新しい視点になりそうです。

結城浩のメールマガジン 2019年9月24日 Vol.391 より

画像1

※もしも、この文章を気に入ってくださったなら「オススメ」や「スキ」で応援していただければ感謝です。

質問はこちらからどうぞ。

結城浩はメールマガジンを毎週発行しています。

#結城浩 #仕事の心がけ #仕事 #自分に残された時間 #100日を1セットで考える


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
結城浩

いただいたサポートは、本やコンピュータを買い、さまざまなWebサービスに触れ、結城が知見を深める費用として感謝しつつ使わせていただきます! アマゾンに書評を書いてくださるのも大きなサポートになりますので、よろしくお願いします。 https://amzn.to/2GRquOl

結城浩
本を書く生活が来年で30年。著書は今年で60冊。『数学ガール』『プログラマの数学』『暗号技術入門』『数学文章作法』『Java言語で学ぶデザインパターン入門』他。2014年度日本数学会出版賞受賞。https://mm.hyuki.net/n/n5f00c9cd281c