結城浩

書籍執筆者。著書に『数学ガール』『プログラマの数学』『数学文章作法』『暗号技術入門』など。http://bit.ly/hyuki-mm にて「結城メルマガ」をnote配信中。https://bit.ly/girlnote にてcakes連載中。2014年度日本数学会出版賞受賞。
固定されたノート

『数学ガールの秘密ノート/ビットとバイナリー』《サイン本》と《メッセージカード》取り扱い店舗一覧

はじめに

結城浩です。いつも結城の活動を応援くださり、ありがとうございます。

シリーズ第11作目『数学ガールの秘密ノート/ビットとバイナリー』がいよいよ発売になります。

刊行を記念して、いくつかの書店さんでは結城浩の《サイン本》が販売されます。また《メッセージカード》が同梱された本も販売されます。

出版社より《サイン本》と《メッセージカード》取り扱い店舗一覧が届きましたので、シェアします。

もっとみる
結城浩です。《スキ》を送ってくださり感謝。はげみになります!
14

角の立たない伝え方(教えるときの心がけ)

結城浩の「コミュニケーションの心がけ」2018年6月19日 Vol.325 より

購入すると電子書籍(epubとPDF)がダウンロードできます。

質問

「自分の考えていることを伝えたい」と思っています。

人と話しているときに「この人とは考えが違うな」ということが多いです。

そんなとき、うまく自分の考えを相手に伝えたいのですが、伝える時点で相手に反対しているようになってしまい、角が立ってし

もっとみる
結城浩です。《スキ》を送ってくださってありがとうございます!
2

「言った!」「言ってない!」は失敗プロジェクト(仕事の心がけ)

あるプロジェクトを進めているとしましょう。仲間同士の活動でもいいし、会社の業務でもいいのですが、ここでは会社の話とします。

プロジェクトは複数人で進めるのがふつうです。ときには複数の会社から人が集まることもあります。自社から何人、他社から何人、みたいな形でチームが作られ、プロジェクトが進行します。

多くの場合、プロジェクトでは定期的に打ち合わせや進捗報告がなされます。問題が起きれば相談して問題

もっとみる

勉強が得意な生徒と苦手な生徒の違い(学ぶときの心がけ)

結城浩の「コミュニケーションの心がけ」2018年3月20日 Vol.312 より

購入すると電子書籍(epubとPDF)がダウンロードできます。

質問

勉強が苦手な生徒(テストで点が取れない生徒)は、以下の二点が身についていないように思います。

・問題の解法を記憶・理解すること
・問題の解法を適切に使用すること

それに対して、勉強が得意な生徒は、 比較的早くからこの二点を身につけているよ

もっとみる

Kindle版『数学ガールの秘密ノート/ビットとバイナリー』本日20日(土)配信開始です!数学の新着ランキング第1位になりました!
https://www.amazon.co.jp/dp/B07TYKJQFK/?tag=hyuki-22

結城浩です。《スキ》をしてくださるのは、大きなはげみです。感謝!
6

「わからない」こそ伝えよう(コミュニケーションのヒント)

くわしい状況が「わからない」とき、私たちは伝えるのをためらいがちです。でも「わからない」ことこそ、きちんと伝えた方がいいですよ。

×「わからない」を伝えなかった例

社員「残念ながら、各モジュールとも開発が予定より遅れています。入力モジュールの開発は、四課のメンバに加わってもらうことにしました。出力モジュールの開発はヘルプが困難なので、機能を落とすことにします。報告は以上です」
上司「なるほど。

もっとみる