見出し画像

最初はいっしょに(教えるときの心がけ)

※全文を公開している「投げ銭」スタイルのノートです(結城メルマガVol.041より)

「教えるときの心がけ」のコーナーです。ここでは教えるときのちょっとしたヒントをお話しします。

今日は「最初はいっしょに」というお話をします。

以下では便宜上「教師」と「生徒」という表現を使いますが、「教師」はあなた自身で、「生徒」はあなたが教える(指導する、しつける)相手だと思ってください。たとえば親が子に教えるなら教師は親、生徒は子にあたります。

●宿題をさせる ―― 最初はいっしょに

私たちは教えるときに、相手との関係を固定的に考えがちです。

たとえば、親が子供に宿題をさせるとき、

 子供のそばに座って宿題をみてなんかいられない

と思うことがあります。まあそれは正論です。

でも、子供によってはなかなかきっかけがつかめなかったり、宿題をするという習慣が身につかなかったりするでしょう。

結果的に「宿題やりなさい。なんで自分でしっかりできないの!」と口で怒るだけになってしまいます。

「子供のそばに座って、ずっと見てやらなくちゃいけない」と思い込んではうまくいかないことでも、少し柔軟に考えるだけでうまく回ることがあります。相手との関係は固定的に考える必要はないのです。自分も相手も変化する人間なのですから。

 ・相手がうまくできそうなら、放っておけばいい。
 ・相手ができないようなら、最初だけいっしょにやってあげる。

そんなふうに柔軟に考えるのも一つの手です。

「最初」というのは「一回目」と考えてもいいですし、宿題をはじめる「はじめの5分」と考えてもいいでしょう。

●仕事をまかせる ―― 最初はいっしょに

別のシチュエーションを考えてみます。

会社で、上司が部下に新しい仕事をまかせたいという状況を考えます。上司が仕事の段取りをぜんぶしてしまって、最後の機械的な作業だけを部下にさせてしまうと、部下はあまり進歩しません。

いつまで立っても進歩しないので、「あいつにはなかなか仕事をまかせられないな」と考え、機械的な作業だけをまかせるというループに入ってしまいます。

ぜんぶ上司が段取りするのではなく、部下に段取りをさせてみましょう。ただし、上司が「最初はいっしょに」やる。いわば、ダブル体制にするのです。それは失敗に備える意味もありますし、部下の不安を除くためでもあります。

ぜんぶをまかせてしまうのではなく、

 ・部下と「最初はいっしょに」やってあげる。
 ・部下の背後についていて、迷いそうな要所要所で助ける。
 ・部下がヘルプを求めてきたら、少し手助けをする。
 ・でも、あくまで部下が主として動く。

それは教育的な仕事の進め方になります。

 ・部下がうまくできそうなら、そのまままかせてしまう。
 ・部下ができないようなら、最初だけいっしょにやってあげる。

●自動車の教習所 ―― 最初はいっしょに

このような「最初はいっしょに」というパターンはよくありますね。

たとえば、自動車の教習所がそうです。

 あくまで生徒がハンドルを握る

しかし、

 教師の足はブレーキの上に乗っている

そのような状態です。ここに大事なポイントがあります。

●大切なポイント:あくまで生徒がハンドルを握る

「最初はいっしょに」行うとしても、ハンドルをずっと教師が握っていては教育効果は半減です。

どこかのタイミングで、生徒がハンドルを握る必要があります。「生徒がただ見ているだけ」と「生徒が実際に行う」の間には大きな違いがあるからです。

「生徒がただ見ているだけ」だと、簡単そうに見えるし、すぐできると生徒は思いがちです。自分にもできると思ってしまったら、緊張感は薄れてしまうでしょう。

生徒にハンドルを握ってもらい(しかし教師の足はブレーキの上に置き)、「あなたが運転するんだよ(私も最初はいっしょにいるけれど)」と生徒に伝えるのです。

●大切なポイント:教師の足はブレーキの上に乗せる

「最初はいっしょに」行うとしても、教師の足はブレーキの上に乗っているだけで、生徒はどこか安心します。

その安心は「思い切ってやってみる」という良い効果を生みます。失敗をまったく許容しない環境では教育はできません。

●大切なポイント:教師はいつかいなくなる、と伝える

「教師の足はブレーキの上に乗っている」という状況に慣れてしまうと、真剣味に欠ける危険性があります。「いざとなったら、先生が助けてくれるから」と頼りにしすぎる状況です。

ですから教師は、生徒に対して

 いまはいっしょにいるけれど、
 あなたはこれをいつか一人でやるんだよ

と繰り返し伝える必要があります。

●大切なポイント:うまくできたなら、ほめてあげる(小さな成功体験)

首尾良くうまくいったとき。それはほめるチャンスです。

生徒が喜ぶタイミングで、教師はしっかりほめましょう。生徒がはじめて一人でハンドルを握って動かしたなら、「小さな成功体験」を味わってもらうよい機会なのです。

ほめられてうれしいとき、生徒の心は開きます。教師と生徒の間によい関係が構築できたときに、細かい指導を効果的に入れることができます。

●まとめ

ということで、今回の「教えるときの心がけ」では「最初はいっしょに」を紹介しました。

 ・生徒との関係を固定的に考えず「最初はいっしょに」やる
 ・大切なポイント:あくまで生徒がハンドルを握る
 ・大切なポイント:教師の足はブレーキの上に乗せる
 ・大切なポイント:教師はいつかいなくなる、と伝える
 ・大切なポイント:うまくできたなら、ほめてあげる(小さな成功体験)

いかがでしたか。あなたが「教えるとき」の役に立ちそうでしょうか。

※Photo by webtreats.
https://www.flickr.com/photos/webtreatsetc/4155634227/

※結城浩はメールマガジンを毎週発行しています。あなたも購読してみませんか。
http://www.hyuki.com/mm/

※以降に文章はありません。この文章が気に入ったなら、ぜひ「投げ銭」をお願いします。

この続きをみるには

この続き:0文字

最初はいっしょに(教えるときの心がけ)

結城浩

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、本やコンピュータを買い、さまざまなWebサービスに触れ、結城が知見を深める費用として感謝しつつ使わせていただきます! アマゾンに書評を書いてくださるのも大きなサポートになりますので、よろしくお願いします。 https://amzn.to/2GRquOl

結城浩です。《スキ》をしてくださるのは、大きなはげみです。感謝!
20

結城浩

書籍執筆者。著書に『数学ガール』『プログラマの数学』『数学文章作法』『暗号技術入門』など。http://bit.ly/hyuki-mm にて「結城メルマガ」をnote配信中。https://bit.ly/girlnote にてcakes連載中。2014年度日本数学会出版賞受賞。

教えるときの心がけ

先生が生徒に、上司が部下に、先輩が後輩に、親が子供に「教えるときにはこうしてみては?」という話題をお届けします。

コメント3件

普通の教師は言って聞かせる、良い先生は説明する。素晴らしい先生は一緒にやってみせる、本当の教師は子どもの心に火をつける・・・的な感じでしょうかね。最後は子どもの意欲ややる気・自主性を育てることが最終目的。話がずれてたらごめんなさい。
いい先生は、状況を見て臨機応変にどれもできそうですね(^^)
教習所の例は分かりやすくて、伝えやすくて良いです!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。