見出し画像

「自分が何を話したか」ではなく「相手が何を聞いたか」が大切(コミュニケーションのヒント)

※全文を公開している「投げ銭」スタイルのノートです。

人に指示をするときに大切なのは「自分が何を話したか」ではなく「相手が何を聞いたか」です。

人に指示をするというのは難しい技術です。指示をする、要求を出す、依頼する…どんな表現でもいいですけれど、要するに何かを人にやってもらう場面を想像してください。コミュニケーションが苦手な人は「自分が何を話したか」だけに気をつけてしまいます。

たとえば、こんなことを言った上司がいたとしましょう。

 上司「Aの件は会社1と会社2に連絡してほしい。今日中に頼むぞ。そうだ、会社3にも連絡しておくことにしよう。Bの件もあわせて連絡してくれ」

この指示をした上司は、

 ・会社1と2にはAの件を今日中に連絡する。
 ・会社3にはAの件とBの件を連絡する。

と指示したつもりでいました。ところが、指示を受けた部下は次のように聞き取りました。

 部下(今日中に、Aの件とBの件の両方を、会社1,2,3のすべてに連絡するんだな)

上司が「話したこと」と部下が「聞いたこと」の間にずれが生じているのがわかるでしょうか。大切なのは「自分が何を話したか」ではなく「相手が何を聞いたか」なのです。そこに気を配り始めると、コミュニケーションの品質は格段に上がります。

ここに例示したのは大きなずれですが、コミュニケーションでは、必ずなにかしらのずれが生じます。そのずれは大きいかもしれませんし、小さいかもしれません。でも、ずれは必ず生じます。ですから、指示しっぱなしはとても危険です。指示をした上司のほうから、あるいは指示を受けた部下のほうから、どちらからでも構いませんから、必ず確認をすることが大事です。

たとえば、部下が、

 部下「わかりました。確認ですが、Aの件とBの件の両方を、会社1,2,3すべてに連絡するんですね」

と一言確認すれば、大きな勘違いを防ぐことができるかもしれません。

また、指示をする側も「相手が何を聞いたか」を意識してほしいですね。その意識がないと、必ず「言いっぱなし」「指示しっぱなし」という結果になってしまうでしょう。

しかしながら、コミュニケーションは双方向。上司だけ、部下だけに責任を負わせるのは難しいものです。部下と上司の両方が確認をしあう態度が大事といえるでしょうね。

※Photo by webtreats.
https://www.flickr.com/photos/webtreatsetc/4293531423/

※結城浩はメールマガジンを毎週発行しています。あなたも購読してみませんか。
http://www.hyuki.com/mm/

※以降に文章はありません。「投げ銭」感謝。

この続きをみるには

この続き: 0文字

「自分が何を話したか」ではなく「相手が何を聞いたか」が大切(コミュニケーションのヒント)

結城浩

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、本やコンピュータを買い、さまざまなWebサービスに触れ、結城が知見を深める費用として感謝しつつ使わせていただきます! アマゾンに書評を書いてくださるのも大きなサポートになりますので、よろしくお願いします。 https://amzn.to/2GRquOl

結城浩です。いつも応援ありがとうございます!
39
本を書いて生活しています。著書は『数学ガール』『プログラマの数学』『数学文章作法』『暗号技術入門』など多数。詳しい活動内容は https://mm.hyuki.net/n/n5f00c9cd281c をご覧ください。2014年度の日本数学会出版賞を受賞しました。

こちらでもピックアップされています

コミュニケーションのヒント
コミュニケーションのヒント
  • 35本

会社で家庭で学校で…コミュニケーションはどこでも必要なもの。ちょっとしたヒントをお届けします。

コメント (3)
部下しか確認しないね(笑)
こういう どちらも 悪意のない ズレ 行き違いって 対処が 難しいですね。
わかります。「こういうもの」と思い込んでしまって、確認しないまま行き違っちゃったりしますよね(^^;)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。