見出し画像

自然な笑顔を大切に(コミュニケーションのヒント)

※全文を公開している「投げ銭」スタイルのノートです。

人と会って話すときには、笑顔はとても大切です。

これは当たり前の話です。でも、普段から意識していないと、笑顔で話すのは難しいですよね。

こちらが笑顔になると、相手も笑顔になります。これは、とても不思議な「笑顔の法則」です。

私はときどきマクドナルドでこの「笑顔の法則」を試します。

 店員「何になさいますか?」
 私「ホットコーヒーのSをお願いします」
  (ここで店員さんを見て「にっこり」する)
 店員「はい、100円になります」
  (店員さんは、私の笑顔を見て「にっこり」する)

もちろんマクドナルドの店員さんは普段から笑顔なのですが、こちらが笑顔だと店員さんの笑顔もグレードアップします。いわば、「営業用の笑顔」から「本物の笑顔」に変化するのです。ぜひお試しください。

仕事の話し合いでも、基本は笑顔です。

相手に説明をするときも笑顔。相手の発言を聞くときも笑顔。もちろん相づちを打つときも笑顔です。笑顔は「私はあなたに敵意を持っていませんよ」という気持ちを相手に深いレベルで示す良い方法です。

笑顔は大切。これは誰しも同意してもらえると思います。

さて。

ここで注意が一つあります。それは「わざとらしい笑顔は逆効果」ということ。

「この人は、にこやかな人だな」と感じさせる笑顔は良いものです。しかし「この人は、仕事だからしかたなく笑顔を作ってるんだな」と感じさせる笑顔は良くありません。作りもののような笑顔は、あなたの発言の信頼度も落としてしまう場合があります。「この人の発言は、本気なのかな?」と疑念を相手に抱かせてしまうからです。

笑顔で接しましょう。でも、わざとらしい笑顔は逆効果。

…そんなことを言われたら「ずいぶん難易度が高い要求だな」と困ってしまいますね。

どうすれば良いでしょう。

わざとらしくない笑顔で相手に接するよい方法は、実は簡単です。

「本当に相手に好意を持てばよい」のです。

 ・この人は、自分のためにわざわざ時間を作ってくれた。
 ・私の話を聞いてくれる。
 ・私に話を聞かせてくれる。

…そういう小さな一つ一つのことに対して「感謝の気持ち」を持ってみましょう。難しかったら、せめて「感謝の気持ちを持ちたいな」と思ってみましょう。言葉に出して「あなたに感謝します」なんて無理に言う必要はありません。わざとらしくなっちゃいますからね。

ともかく、感謝の気持ちを心の中でイメージしてみましょう。

その上で、ちょっと微笑んでみればよいのです。

ほら。自然な笑顔!

 * * *

※結城浩はメールマガジンを毎週発行しています。ぜひ購読してくださいね。
http://www.hyuki.com/mm/

Photo by webtreats.
https://www.flickr.com/photos/webtreatsetc/4293531423/

※以降に文章はありません。「投げ銭」での応援を歓迎します。

この続きをみるには

この続き:0文字

自然な笑顔を大切に(コミュニケーションのヒント)

結城浩

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、本やコンピュータを買い、さまざまなWebサービスに触れ、結城が知見を深める費用として感謝しつつ使わせていただきます! アマゾンに書評を書いてくださるのも大きなサポートになりますので、よろしくお願いします。 https://amzn.to/2GRquOl

結城浩です。《スキ》を送ってくださってありがとうございます!
32

結城浩

書籍執筆者。著書に『数学ガール』『プログラマの数学』『数学文章作法』『暗号技術入門』など。http://bit.ly/hyuki-mm にて「結城メルマガ」をnote配信中。https://bit.ly/girlnote にてcakes連載中。2014年度日本数学会出版賞受賞。

コミュニケーションのヒント

会社で家庭で学校で…コミュニケーションはどこでも必要なもの。ちょっとしたヒントをお届けします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。