同じ参考書で勉強しても成績に差が付くのはなぜか(学ぶときの心がけ)
見出し画像

同じ参考書で勉強しても成績に差が付くのはなぜか(学ぶときの心がけ)

質問

同じ参考書を使って勉強しているのに、人によって成績に差が付いてしまうというのをよく見かけます。どうしてそんなふうに差が付くのでしょうか。成績が良い人は、何か効率的な勉強方法をしているのでしょうか。それとも勉強にも「素質」があるということでしょうか。

結城浩のメールマガジン 2019年4月9日 Vol.367 より

回答

ご質問ありがとうございます。

あなたの質問の通り、同じ参考書を使って勉強しているのに成績に差が付くというのはよく見かけますね。

差が付く理由

大きな話なので一概には言えませんが、差が付く理由を考えると、

・もともとの能力に差があるから
・掛けている時間の量に差があるから
・時間の使い方に差があるから

を総合したものではないかと思います。「同じ参考書なのに成績に差が付く」ということは「使っている参考書だけで成績が決まるわけではない」ということの証拠です。良い参考書を選ぶのは大事ですが、それは成績を良くすることの一部にしか過ぎません。

この続きをみるには

この続き: 2,866文字 / 画像1枚

同じ参考書で勉強しても成績に差が付くのはなぜか(学ぶときの心がけ)

結城浩

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
結城浩

いただいたサポートは、本やコンピュータを買い、さまざまなWebサービスに触れ、結城が知見を深める費用として感謝しつつ使わせていただきます! アマゾンに書評を書いてくださるのも大きなサポートになりますので、よろしくお願いします。 https://amzn.to/2GRquOl

結城浩です。《スキ》を送ってくださってありがとうございます!
本を書いて生活しています。著書は『数学ガール』『プログラマの数学』『数学文章作法』『暗号技術入門』など多数。詳しい活動内容は https://mm.hyuki.net/n/n5f00c9cd281c をご覧ください。2014年度の日本数学会出版賞を受賞しました。