「好き」ってどういう感覚ですか(日々の日記)
見出し画像

「好き」ってどういう感覚ですか(日々の日記)

質問

結城先生にとって「好き」ってどういう感覚ですか。

結城浩のメールマガジン 2018年8月14日 Vol.333 より

回答

すばらしい質問をありがとうございます。

私にとって「好き」という感覚は「長い時間を費やしたい」という感覚にとても近いです。

あることが「好き」ならば、そのことについて長い時間を費やしたいと思う。
ある人が「好き」ならば、その人と長い時間を一緒に過ごしたいと思う。

「好き」という感覚が「長い時間を費やしたい」という感覚に近いというのは、そういう意味です。

あなたの質問を読んで、奥華子さんの「ガーネット」という曲を思い出しました。結城はこの曲を聴くたびに涙がこぼれそうになるのですが、この中に、こんな一節があります。

好きという気持ちが分からなくて
二度とは戻らないこの時間が
その意味をあたしに教えてくれた

この曲は2006年の映画「時をかける少女」の主題歌です。「時をかける少女」はタイムリープの物語で、まさに「時間」が物語の重要な要素になっていました。

私たちは、この世で何かを体験するためには必ず「時間」が必要になります。あの物語の中で主人公は些細なことをするためにタイムリープを何度も繰り返します。私は、いつもそこで胸が苦しくなります。

自分は、限られている「時間」を何に使うのか。
自分は、与えられている「時間」を何に費やすのか。
たっぷりあると思っている「時間」は、ほんとうにたっぷりあるのだろうか。

そんな思いが心の中に浮かんで、胸が苦しくなるのです。

結城が『数学ガール』を執筆しているとき、奥華子さんの「ガーネット」をよく聞いていました。なので、2007年に「書籍無料プレゼント企画」をしたときにそのCDも付けたんですよね。もういまから11年前のことです。

あれから11年という「時間」が過ぎたんですね。私はきちんと「好き」なことに「時間」を注いできたかなあ……

ご質問ありがとうございました。

画像1

質問はこちらからどうぞ。

結城浩はメールマガジンを毎週発行しています。

#結城浩 #日々の日記 #好きという感覚 #奥華子


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
結城浩

いただいたサポートは、本やコンピュータを買い、さまざまなWebサービスに触れ、結城が知見を深める費用として感謝しつつ使わせていただきます! アマゾンに書評を書いてくださるのも大きなサポートになりますので、よろしくお願いします。 https://amzn.to/2GRquOl

結城浩です。《スキ》をしてくださるのは、大きなはげみです。感謝!
本を書いて生活しています。著書は『数学ガール』『プログラマの数学』『数学文章作法』『暗号技術入門』など多数。詳しい活動内容は https://mm.hyuki.net/n/n5f00c9cd281c をご覧ください。2014年度の日本数学会出版賞を受賞しました。