見出し画像

下にのみ恋ふればくるし玉の緒の絶えてみだれむ人なとがめそ

#紀友則(きのとものり) #古今和歌集 #0667 #jtanka #短歌 #恋

心の中でだけあなたのことを慕っているのでくるしいのです。玉の緒が切れて乱れ散らばるように私もすっかり乱れてしまいましょう。世の人々よ、それをとがめてはいけません。

「下」はここでは「心の中」の意味。

「恋ふれば」は「恋ふれ+ば」。「恋ふれ」はハ行上二段活用動詞「恋ふ」の已然形。「ば」は順接の確定条件(原因・理由)を表す接続助詞。「恋しているので」の意味。

「玉の緒の」は「絶ゆ」の枕詞。

「絶えて」はヤ行下二段活用動詞「絶ゆ」の連用形「絶え」+接続助詞「て」。副詞としての「すっかり」の意味と、「(玉を結び合わせている緒が)切れる」の意味を掛けている。

「みだれむ」は「みだれ+む」。「みだれ」は「みだる」の連用形。「む」は意志を示す助動詞「む」の終止形。「みだれましょう」の意味。

「なとがめそ」は「な……そ」で「……してはいけない」という禁止を表す。

したにのみ こふればくるし たまのをの たえてみだれむ ひとなとがめそ
したにのみ こうればくるし たまのおの たえてみだれん ひとなとがめそ
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、本やコンピュータを買い、さまざまなWebサービスに触れ、結城が知見を深める費用として感謝しつつ使わせていただきます! アマゾンに書評を書いてくださるのも大きなサポートになりますので、よろしくお願いします。 https://amzn.to/2GRquOl

結城浩です。応援ありがとうございます。とてもうれしい!
32
本を書いて生活しています。著書は『数学ガール』『プログラマの数学』『数学文章作法』『暗号技術入門』など多数。詳しい活動内容は https://mm.hyuki.net/n/n5f00c9cd281c をご覧ください。2014年度の日本数学会出版賞を受賞しました。

こちらでもピックアップされています

古今和歌集を読む
古今和歌集を読む
  • 70本

古今和歌集(こきんわかしゅう)から親しみやすい歌を読みます。やさしい解説付き。ちょっぴり優雅な言葉の時間をあなたに。