見出し画像

春は、変化の季節/学んだことを発表したいが未熟をさらけ出すのが不安/習慣を身につけるコツ/小説書き、他者と自分を比較してしまう/

結城浩の「コミュニケーションの心がけ」2021年4月13日 Vol.472

目次

・学んだことを発表したいが未熟をさらけ出すのが不安
・習慣を身につけるコツ
・小説書き、他者と自分を比較してしまう

はじめに

結城浩です。

いつもご愛読ありがとうございます。

朝、散歩していると小学生が登校しているようすが目に入りました。

春ですね!

新しい学校、新しい仕事、新しい生活が始まってわくわくしている方も多いだろうな、と思っています。

私自身は相変わらず「数学ガールの秘密ノート」第15作目に取り組んでいるのですが、それでも「新しい春の気分」を強く感じます。

ところで、散歩から帰ってくるときにふと、新しい生活が始まってわくわくしている人もいるけれど、不安を感じている人もいるだろうな……と思いました。

新しい生活は「新しい」ので、すべてが予想できるわけではありません(すべてが予想できるなら、新しくはないですよね)。ですから、予想外の事態が起きたり、「えっ!」と驚く出来事があったりしても不思議ではありません。それに対して不安を感じたり、これでいいのか……と悩むこともあるでしょう。

それにまた、進学にしろ就職にしろ、自分がもともと望んでいた進路とは方向が変わったという人もいるでしょう。すべての人が第一志望の春を迎えたわけではないという意味です。それに、第一志望の春を迎えた人でも「こんなはずでは……」と思うことだってあるでしょう。実際、結城のところには両方のタイプのお便りが届いています。

そこから、私の発想は「春の天気」に向かいました。春はうららかな日も多いですが、急に寒くなったり風が強かったりする日もありますよね。

もしかしたら、春は「変化の季節」と捉えた方がいいのかもしれないな、と考えました。

春を「変化の季節」と見る。変化にはいろいろある。すべてが良いとはかぎらない。だからよく見分ける必要がある。大胆に挑戦すると共に、注意や用心も怠らない。

もちろん、素敵な出来事が起きるのを期待し、わくわくする気持ちを大切にするのはいいことです。でもそれと同時に「注意」や「用心」も必要だなと思ったのです。

第一志望の春を迎えた人も浮き足だたないようにし、予定とは違う春を迎えた人も気持ちをうまく切り換える。

そんなことが大切かもしれないな……などと思っていました。

春は「変化の季節」。変化の波に乗ると共に、変化に備える季節。

あなたはどんな春を迎えているでしょうか。

* * *

それでは、今週の結城メルマガも、どうぞごゆっくりお読みください。

画像1

学んだことを発表したいが未熟をさらけ出すのが不安

質問

こんにちは。人に教える仕事をしている者です。

自分の教えていることや勉強している内容について何かを書いて発表したい気持ちがありますが、一方で自分の未熟をさらけ出すのが不安にもなります。

先生にもそのようなご経験がおありになるか、もしあるとしたらどう対処されたか教えていただけたら嬉しいです。

回答

ご質問ありがとうございます。あなたが感じる不安はとてもよく理解できます。そしてその不安をどう扱うかは極めて重要です。

この続きをみるには

この続き: 9,676文字 / 画像4枚
記事を購入する

春は、変化の季節/学んだことを発表したいが未熟をさらけ出すのが不安/習慣を身につけるコツ/小説書き、他者と自分を比較してしまう/

結城浩

216円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
結城浩

いただいたサポートは、本やコンピュータを買い、さまざまなWebサービスに触れ、結城が知見を深める費用として感謝しつつ使わせていただきます! アマゾンに書評を書いてくださるのも大きなサポートになりますので、よろしくお願いします。 https://amzn.to/2GRquOl

結城浩です。応援ありがとうございます。とてもうれしい!
8
本を書いて生活しています。著書は『数学ガール』『プログラマの数学』『数学文章作法』『暗号技術入門』など多数。詳しい活動内容は https://mm.hyuki.net/n/n5f00c9cd281c をご覧ください。2014年度の日本数学会出版賞を受賞しました。