見出し画像

何のために生きているのか

質問

結城先生、こんにちは。

私は四十代プログラマーで一人暮らし、仕事はリモートで、食材・日用品の買い出し以外はほぼ家に引き篭もって生活しています。

それなりに趣味もあり、友人もいるのですが、基本的に仕事と家事で一日が終わります。

ストレスのない生活を送ってはいるのですが、ふと、この同じ生活があと四十年続くのかと思うと、私の人生はなんなのだろうという気持ちにもなります。

生きているという実感が薄いのです。

もっと他人と触れ合って、刺激やプラスのエネルギーを互いに与える関係を築ければ良いのではないかとは思うのですが、実際に行動に移すほどのモチベーションではなく、またその気力もわかない状態です。

人はなんのために生きているのでしょうか。

結城先生はご自身のその答えをお持ちでしょうか。

プライベートなことだと思うので、その内容は聞きません、ただそれがあるかどうか、どのようにそれを見つけたかだけを知りたいのです。

結城浩のメールマガジン 2020年7月21日 Vol.434 より

回答

大切なご質問をありがとうございます。

まず最初に、あなたがいわゆる心の病になりかけているかどうかが気になりました。人生について考えることは大事ですけれど、心が病んでいる状態で考えるのは危険な場合があるからです。

人の心は微妙なバランスにありますし、特に最近の生活環境のように、いつもとは違うストレスに常時さらされているときにはなおさら注意が必要です。

結城は医者ではありませんので、以下はあなたが健康であるという前提で書きます。

ご注意:以下に書いたのは「あなたの悩みを解決する」という内容ではありません。あくまで私が現在、個人的にどう考えているかを書いたものです。



ここから先は

2,635字 / 1画像

¥ 200

期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

いただいたサポートは、本やコンピュータを買い、さまざまなWebサービスに触れ、結城が知見を深める費用として感謝しつつ使わせていただきます! アマゾンに書評を書いてくださるのも大きなサポートになりますので、よろしくお願いします。 https://amzn.to/2GRquOl