見出し画像

さくら花ちりぬるかぜのなごりには水なき空に浪ぞたちける

結城浩

#紀貫之 (きのつらゆき) #古今和歌集 91 #jtanka #短歌 #春

さくらの花が散ってしまった風がやんだ後でも、水もない空に波のように花びらは舞っているなあ。

「なごり」は「波残り」で「風がやんだ後でも残っている波」がもとの意味。

「ける」は詠嘆の助動詞「けり」の連体形。連体形になっているのは「ぞ〜ける」の係り結びから。

風がやんだ後にはらはら舞っている花びらのようすを、風が止んだあとでも残っている波のようだと感じている。空を海に、花びらを波に見立てている。

亭子院歌合歌(913年)で詠まれたもの。

いまから千年以上前でも、春は春。花は花。いまから千年以上後でも、春は春。花は花。

さくらばな ちりぬるかぜの なごりには みづなきそらに なみぞたちける
さくらばな ちりぬるかぜの なごりには みずなきそらに なみぞたちける
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
結城浩

いただいたサポートは、本やコンピュータを買い、さまざまなWebサービスに触れ、結城が知見を深める費用として感謝しつつ使わせていただきます! アマゾンに書評を書いてくださるのも大きなサポートになりますので、よろしくお願いします。 https://amzn.to/2GRquOl

結城浩
本を書く生活が来年で30年。著書は今年で60冊。『数学ガール』『プログラマの数学』『暗号技術入門』『数学文章作法』『Java言語で学ぶデザインパターン入門』他。2014年度日本数学会出版賞受賞。https://mm.hyuki.net/n/n5f00c9cd281c