見出し画像

父から学んだ「教える」ということ[Part 1](教えるときの心がけ)

結城浩の「コミュニケーションの心がけ」2012年8月21日 Vol.021 より

こんにちは、結城浩です。

「教えるときの心がけ」のコーナーです。

今日は、いまは亡き父のことをお話ししようと思います。

どうして父の話が「教えるときの心がけ」になるかというと、私の父は中学校教師をしており、私は父からたくさん「教えること」を学んだように思うからです。

直接に「教えること」を学んだわけではないのですが、父の姿・父の態度を通して間接的に「教えること」について学んだのです。

以下、個別のエピソードが多くなるのはそのためです。そこには「教えること」のヒントがたくさん詰まっているのですが、むしろ簡単に要約しないほうがしっくりくるような感じがしています。

●父のこと

父は中学校の教師でした。生徒に人気のある教師で、教え方もとてもうまかったらしいですね。「らしい」と推測する表現をしているのは、結城自身は父の授業を直接受けたことが一度もないからです。

父が教えていた科目は主に理科ですが、中学と高校の数学・理科・社会・英語を教えることができたそうです。父は、授業のやり方についてよく話してくれました。私個人に話したというよりも、夕食の団らんのときに家族に対して話していたのです。

授業のやり方で、いまでも印象に残っているのが、

 「生徒の中には優秀な生徒もそうでない生徒もいるけれど、
  お父さんの授業はどちらの生徒もたいくつしない授業だ」

という父のセリフでした。

授業の内容が易しすぎると、優秀な生徒は退屈してしまう。その一方で授業の内容が難しすぎると、今度は優秀ではない生徒が退屈してしまう。父の授業は教室の生徒全員が退屈せずに聞ける授業だ――父はそう言っているのです。

そんな授業、どうやって実現するんだろうと子供心に私は思いました。

この続きをみるには

この続き: 3,132文字

父から学んだ「教える」ということ[Part 1](教えるときの心がけ)

結城浩

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、本やコンピュータを買い、さまざまなWebサービスに触れ、結城が知見を深める費用として感謝しつつ使わせていただきます! アマゾンに書評を書いてくださるのも大きなサポートになりますので、よろしくお願いします。 https://amzn.to/2GRquOl

結城浩です。応援ありがとうございます。とてもうれしい!
14
本を書いています。『数学ガール』『プログラマの数学』『数学文章作法』『暗号技術入門』など。https://link.hyuki.net/mm でメルマガ配信中。https://link.hyuki.net/girlnote でcakes連載中。2014年度日本数学会出版賞受賞。

こちらでもピックアップされています

教えるときの心がけ
教えるときの心がけ
  • 42本

先生が生徒に、上司が部下に、先輩が後輩に、親が子供に「教える」ときはよくあります。そんなときの心がけをお届けします。