見出し画像

顧客の時間を節約する/「完璧」と「中途半端」/先輩の指示が理解できない/「仕事ができない自分はダメな人間」と思う気持ちを切り換えたい/

結城浩の「コミュニケーションの心がけ」2021年6月1日 Vol.479

目次

・顧客の時間を節約する - 仕事の心がけ
・「完璧」と「中途半端」
・社会人二年目、先輩の指示がうまく理解できない - コミュニケーションのヒント
・「仕事ができない自分はダメな人間」と思う気持ちを切り換えたい - 仕事の心がけ

はじめに

結城浩です。

いつもご愛読ありがとうございます。

早くも六月ですね!

今年は何となく季節が早く推移しています。毎朝のように近所を散歩しているのですが、五月の中頃から紫陽花がよく咲いていました。

あなたは、いかがお過ごしでしょうか。

画像1

《危険》な数学ガールの話。

調べ物をするため、自分が書いた「数学ガール」シリーズや「数学ガールの秘密ノート」シリーズを読み返すことがたまにあります。

・ベクトルの内積をどんなふうに説明していたかな。
・三角関数の加法定理はどこまで詳しく書いていたかな。
・区分求積法の解説はどういう順番にしていたかな。

自分のそんな疑問をチェックするために読み返すのです。

それはそれでけっこうな話ですが、実はとても《危険》です。

なぜ《危険》か。

それは「ちょっと調べる」ために読み始めたのに、はっと気がつくと最後まで読みふけってしまうことが非常によくあるためです。

自分が書いた本なので、話題の提示方法や説明の順番などがとても心地よく、ついつい読み続けてしまう。気がつくと最後のページまで読んで「ああ、おもしろかった!……はっ、調べ物はどうなった?」となるのです。

時間が溶ける溶ける。溶けていく〜。

画像2

「ネットに落ちている」という表現の話。

ときどき「ネットに落ちている」や「ネットから拾った」という表現を見かけます。

たとえば「このプログラムはネットに落ちてたものを使っているんだよ」や「このイラストはネットからの拾い物です」のような言い回しのことです。

私は、この「ネットに落ちている」という表現はできるだけ使わないようにしています。その理由は、誰かが作った成果物に対する配慮に欠けた表現だと感じるからです。

どんなものでも「ネットに落ちてた」わけではなく、誰かが作り、誰かが公開しているものです。それを「落ちている」や「拾った」と表現することには抵抗があります。

言葉狩りをしたいわけではありませんし、このような表現を使っている人を見つけて糾弾したいわけでもありません。また、私はその表現を絶対に使わないし、使ったこともないぞ!と大声で言いたいわけでもありません。うっかり言っちゃったり書いちゃったりすることはあるでしょう。

そもそも、私がこの表現を気にするようになったのは、あるとき知人が「『ネットで拾った』という表現は好ましくない」と言うのを聞いてからです。そのときに初めて「なるほど確かにそうだな」と思い、それから意識するようになりました。

文章を書くことで生計を立てている身ですから、誰かが作った成果物に対する配慮は忘れないように心がけたいと思っているのです。

* * *

それでは、今週の結城メルマガも、どうぞごゆっくりお読みください。

画像3

顧客の時間を節約する - 仕事の心がけ

先日ZDNetで「アマゾンのベゾスCEOが最後の年次書簡で伝えたこと」という文章を読みました。

◆アマゾンのベゾスCEOが最後の年次書簡で伝えたこと
https://japan.zdnet.com/article/35169551/

この記事の中で、結城の心によく響いたのは「節約される顧客の時間」という表現でした(二ページ目以降に登場、要ログイン)。

* * *

これはAmazonに限った話ではありませんが「リアル店舗で購入するのではなく、ネットで購入する」という行動を起こす理由の一つは「買い物に使う時間を大幅に節約できるから」だと思います。

この続きをみるには

この続き: 8,490文字 / 画像4枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
「結城メルマガ」は、やさしく読めて元気がでるメールマガジンです。「定期購読する」ボタンを選ぶと、毎週火曜日に新しい記事が配信されます。「記事を購入する」ボタンを選ぶと、この記事を単体で購入することになります。お好きな方をお選びくださいね。感謝します。

結城メルマガ

月額864円

数学青春物語『数学ガール』の著者《結城浩》が、文章の書き方、書籍の執筆、教え方と学び方、仕事への取り組みについてやさしくお話します。毎週火…

または、記事単体で購入する

顧客の時間を節約する/「完璧」と「中途半端」/先輩の指示が理解できない/「仕事ができない自分はダメな人間」と思う気持ちを切り換えたい/

結城浩

216円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
結城浩

いただいたサポートは、本やコンピュータを買い、さまざまなWebサービスに触れ、結城が知見を深める費用として感謝しつつ使わせていただきます! アマゾンに書評を書いてくださるのも大きなサポートになりますので、よろしくお願いします。 https://amzn.to/2GRquOl

結城浩です。いつも応援ありがとうございます!
7
本を書いて生活しています。著書は『数学ガール』『プログラマの数学』『数学文章作法』『暗号技術入門』など多数。詳しい活動内容は https://mm.hyuki.net/n/n5f00c9cd281c をご覧ください。2014年度の日本数学会出版賞を受賞しました。