スタティック・テトリス(結城浩のゲーム紹介)
見出し画像

スタティック・テトリス(結城浩のゲーム紹介)

スタティック・テトリス(static tetris)というゲームの原案を思いつきました。

普通のテトリスはリアルタイムゲームですよね。プレイヤーがじっとしていても、ピースはどんどん降ってきます。

でも、テトリスのおもしろさの一つは、やってくるピースをどのような向きで、どのように積むかというところにあります。

そこで、テトリスからリアルタイム性を除いたパズルゲームにするのです。

プレイヤーはじっくり考えて一手を進める。一手というのは、左右に動かしたり、回転したりというアクションです。プレイヤーが一手を進めたら、ピースが少し下に落ちる。

リアルタイム性がない分だけやさしくなっちゃいますから、普通のテトリスよりも難しくしたほうがいいですね。たとえば、同時に複数個のピースが落ちてくるとか。

結城はリアルタイムなゲームがあまり好きじゃないけど、パズルゲームは好きなので、どなたかおもしろいゲームとして実現してくれないでしょうかね。

きっと名前に「テトリス」は使えないと思いますけれど。

結城浩のメールマガジン 2017年6月13日 Vol.272 より

画像1

※もしも、この文章を気に入ってくださったなら「オススメ」や「スキ」で応援していただければ感謝です。

#結城浩 #結城浩のゲーム紹介 #ゲーム #テトリス #スタティックテトリス

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
結城浩

いただいたサポートは、本やコンピュータを買い、さまざまなWebサービスに触れ、結城が知見を深める費用として感謝しつつ使わせていただきます! アマゾンに書評を書いてくださるのも大きなサポートになりますので、よろしくお願いします。 https://amzn.to/2GRquOl

結城浩です。うれしいなあ……感謝!(^^)
本を書いて生活しています。著書は『数学ガール』『プログラマの数学』『数学文章作法』『暗号技術入門』など多数。詳しい活動内容は https://mm.hyuki.net/n/n5f00c9cd281c をご覧ください。2014年度の日本数学会出版賞を受賞しました。