見出し画像

春霞たなびく山の桜花見れども飽かぬ君にもあるかな

#紀友則 (きのとものり) #古今和歌集 684 #jtanka #恋

春霞がたなびいている山の桜はいくら見ても飽きることがありません。それと同じように、いくら逢っても飽きることはないんですよ、あなたには。

「春霞たなびく山の桜花」は序詞。意味でつながっているので、これは有心の序(うしんのじょ)になります。音でつながる場合には無心の序といいます。

「君にもある」は「君なる」を「も」によって強めたもの。「君なる」=「君にある」の「に」と「ある」の間に「も」が入った形。

はるがすみ たなびくやまの さくらばな みれどもあかぬ きみにもあるかな


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、本やコンピュータを買い、さまざまなWebサービスに触れ、結城が知見を深める費用として感謝しつつ使わせていただきます! アマゾンに書評を書いてくださるのも大きなサポートになりますので、よろしくお願いします。 https://amzn.to/2GRquOl

結城浩です。はげまされるのはとってもうれしい!
19

結城浩

書籍執筆者。著書に『数学ガール』『プログラマの数学』『数学文章作法』『暗号技術入門』など。http://bit.ly/hyuki-mm にて「結城メルマガ」をnote配信中。https://bit.ly/girlnote にてcakes連載中。2014年度日本数学会出版賞受賞。

古今和歌集を読む

古今和歌集(こきんわかしゅう)から親しみやすい歌を読みます。やさしい解説付き。ちょっぴり優雅な言葉の時間をあなたに。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。