見出し画像

角の立たない伝え方(教えるときの心がけ)

結城浩の「コミュニケーションの心がけ」2018年6月19日 Vol.325 より

購入すると電子書籍(epubとPDF)がダウンロードできます。

質問

「自分の考えていることを伝えたい」と思っています。

人と話しているときに「この人とは考えが違うな」ということが多いです。

そんなとき、うまく自分の考えを相手に伝えたいのですが、伝える時点で相手に反対しているようになってしまい、角が立ってしまいます。

しかし、結城先生の文章にはそのような印象を感じません。

先生がご自分の考えを相手に伝えるとき、角が立たないようにされているのでしょうか…

もしあれば、どのような工夫をなさっているか、教えてほしいです。

回答

ご質問ありがとうございます。

以下はあくまで自分の「心がけ」とご理解ください(つまり、心がけてはいるものの、実際にできてるかどうか怪しい場合もよくあるという意味です)。

結城は「角が立たないようにしている」というよりも「相手を動かそうとしていない」ように思います。

この続きをみるには

この続き: 1,599文字

角の立たない伝え方(教えるときの心がけ)

結城浩

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、本やコンピュータを買い、さまざまなWebサービスに触れ、結城が知見を深める費用として感謝しつつ使わせていただきます! アマゾンに書評を書いてくださるのも大きなサポートになりますので、よろしくお願いします。 https://amzn.to/2GRquOl

結城浩です。いつも応援ありがとうございます!
8
本を書いています。『数学ガール』『プログラマの数学』『数学文章作法』『暗号技術入門』など。https://link.hyuki.net/mm でメルマガ配信中。https://link.hyuki.net/girlnote でcakes連載中。2014年度日本数学会出版賞受賞。

こちらでもピックアップされています

教えるときの心がけ
教えるときの心がけ
  • 43本

先生が生徒に、上司が部下に、先輩が後輩に、親が子供に「教える」ときはよくあります。そんなときの心がけをお届けします。