見出し画像

高校生の息子にアドバイスを伝えたいが、反抗期で聞いてもらえない

結城浩

質問

高校生の息子には「勉強やものの考え方で行き詰まっている部分」があるようです。でもそれは、結城先生が本やブログやTwitterでおっしゃっていることを、素直に、自分のものとして聞いたら解決していくのになあ……と思います。ところが、当事者である息子は私の言うことや薦めることを取り入れたくないという反抗期です。

どうしたら、息子に興味をもってもらえるでしょう。私が「すごいいいこと言ってる! 読んで、読んで!」と私が言ってしまったのが悪いといまは反省しています。でも、すでに言ってしまったことは戻らないし、でもやっぱり先生の文章を読んでほしいのです。

結城浩のメールマガジン 2019年4月16日 Vol.368 より

回答

ご質問ありがとうございます。

息子さんに、結城が書いている文章を読んでもらいたいというのは大変感謝であり、光栄なことです。でも、それはなかなか難しいことだと思います。

この続きをみるには

この続き: 2,173文字 / 画像1枚

記事を購入

200円

購入済みの方はログイン
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
結城浩

いただいたサポートは、本やコンピュータを買い、さまざまなWebサービスに触れ、結城が知見を深める費用として感謝しつつ使わせていただきます! アマゾンに書評を書いてくださるのも大きなサポートになりますので、よろしくお願いします。 https://amzn.to/2GRquOl