見出し画像

読者を置いてけぼりにしない(文章を書く心がけ)

※結城メルマガVol.191からの抜粋です。

文章を書くコツを一つ、お話ししましょう。それは、

 「読者を置いてけぼりにしない」

という話です。

これは「なかなか筆が進まない人」向けの話というよりは、むしろ「文章を書くのが『得意』で『好き』だけれど、他の人から読みにくいと言われる人」向けのお話かもしれません。

物語文であれ、説明文であれ、何であれ、文章の種類は問いません。文章を書く人が心しなければならないのは、

 「読者を置いてけぼりにしない」

ということです。読者を置いてけぼりにして、話をどんどん進めるのは失敗のもとです。

結城は文章の鉄則としていつも《読者のことを考える》というスローガンを掲げます。今回の「読者を置いてけぼりにするな」も、《読者のことを考える》の応用といえるでしょう。

----

この続きをみるには

この続き:1,451文字

読者を置いてけぼりにしない(文章を書く心がけ)

結城浩

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、本やコンピュータを買い、さまざまなWebサービスに触れ、結城が知見を深める費用として感謝しつつ使わせていただきます! アマゾンに書評を書いてくださるのも大きなサポートになりますので、よろしくお願いします。 https://amzn.to/2GRquOl

結城浩です。おともだちにもぜひ教えてね!
14

結城浩

書籍執筆者。著書に『数学ガール』『プログラマの数学』『数学文章作法』『暗号技術入門』など。http://bit.ly/hyuki-mm にて「結城メルマガ」をnote配信中。https://bit.ly/girlnote にてcakes連載中。2014年度日本数学会出版賞受賞。

文章を書く心がけ

文章を書くときのちょっとした心がけやヒントをお伝えするマガジンです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。