いまは亡き母に会いたい
見出し画像

いまは亡き母に会いたい

質問

20歳のときに亡くした母に会いたくてたまりません。

時間が経てば気持ちも収まるかなと思っていましたが、2年経った現在、より会いたいという気持ちが強まってきた気がします。この気持ちとどう向き合っていけば良いのでしょうか。

結城浩のメールマガジン 2018年10月9日 Vol.341 より

回答

私も最近実母を亡くしましたので、あなたのお気持ちはとてもよくわかります。「母を亡くす」というのは何とも置き換えられないものです。本当によくわかります。

私は正解を持たないのですが、思うところを少し書きます。

あなたはお母さんに会いたい(当然です)。お母さんに会いたいと強く願う(当然です)。

では、もしも会えたとしたら、あなたはお母さんに何を話すでしょうか。最近のできごとでしょうか。自分の活動についてでしょうか。困っていること、楽しいこと、悩んでいること。

お母さんに何を話したいですか。「お母さん、ありがとう」ですか。「お母さん、ごめんなさい」ですか。

お母さんに話したいこと、それを言葉にしてみてはどうでしょう。つまり「お母さんへの手紙」です。

あなたがお母さんに伝えたいこと、教えたいこと、お母さんに聞いてほしいことを、しっかりと言葉にしてみましょう。もしもお母さんがあなたのすぐそばに現れたとしても、短い時間しか一緒にいられなくても大丈夫なように。

あなたの、きもちを、ことばに、まとめる。

あなたにはお母さんは見えないかもしれない。でも、この世を離れた後の世界のことは、本当のところは、誰にもわからないのです。もしかしたら、あなたがきちんとまとめた言葉は、あなたが言葉にまとめるようすは、お母さんに伝わるかもしれない。あなたにはそれがわからなくても。

自分がいま、できることをしっかりしよう。そんなあなたの姿は、もしかしたら、なんらかの形で、お母さんに伝わっているかもしれない。真剣に、生きよう。

真剣に、丁寧に、きちんと生きること。もしもいま、目の前にお母さんが(なんらかの奇跡で)現れたとしても、恥ずかしくならないように。

私はそんなふうに思います。

あなたに向けてというよりも、私自身に向けての回答になってしまったかもしれません。

 * * *

画像1

※もしも、この文章を気に入ってくださったなら「オススメ」や「スキ」で応援していただければ感謝です。

質問はこちらからどうぞ。

結城浩はメールマガジンを毎週発行しています。

#結城浩 #日々の日記 #亡き母に会いたい



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
結城浩

いただいたサポートは、本やコンピュータを買い、さまざまなWebサービスに触れ、結城が知見を深める費用として感謝しつつ使わせていただきます! アマゾンに書評を書いてくださるのも大きなサポートになりますので、よろしくお願いします。 https://amzn.to/2GRquOl

結城浩です。《スキ》を送ってくださってありがとうございます!
本を書いて生活しています。著書は『数学ガール』『プログラマの数学』『数学文章作法』『暗号技術入門』など多数。詳しい活動内容は https://mm.hyuki.net/n/n5f00c9cd281c をご覧ください。2014年度の日本数学会出版賞を受賞しました。