見出し画像

どんなソフトウェアで仕事しているか/デザイナーさんとの打ち合わせ/不安という名のアラート

結城浩の「コミュニケーションの心がけ」2023年11月14日 Vol.607



はじめに

こんにちは、結城浩です。

何だか急に冷え込みましたねえ……気が付いてみれば11月も中旬なので当たり前ですけれど、それでも。

先日まで冷房をつけていたのに、急に暖房に切り換えたみたいな印象です。こういうときには体調管理に注意しないといけませんね。気温の変化は意外に身体に影響があるものですから。


談話室の申し込みは今日が〆切です、という話。

結城はビデオをオフにしたZoomを利用して、一対一でおしゃべりするネット企画「結城浩の談話室」を毎週土曜日に実施しています。これまでに20人以上の方々とさまざまな会話を楽しみました。

現在は12月分の申し込みを受け付けしているところです(2023年の実施予定は今回で終わりです)。

〆切は2023年11月14日(火)つまり、このメルマガVol.607の配信日である「今日」になっていますので、どうぞお忘れなく。

詳しくは以下の公式ページから「申し込みフォーム」へのリンクをたどってください。

いっしょにおしゃべりしましょう!

◆結城浩の談話室

講演会の感想文を読みながら、ふと思ったことの話。

2023年10月6日、結城は玉川聖学院さんで講演を行いました。その話はすでに以前お伝えしましたね。

ところで先日、そのときの生徒さんたちが書いてくれた感想文を、玉川聖学院の先生が結城あてに送ってくださいました。結城はもちろん非常に楽しく読ませていただきましたよ。感謝なことです。

中学1年生から高校3年生まで、といえばたいへん多感な年代です。学習や進路や人間関係などさまざまな思いや悩みを抱きつつ日々を過ごしているでしょう。そんな彼女たちに、ほんの少しでも励ましになるメッセージや信仰について伝えられたら、という思いで行った講演でした。

生徒さんからの感想文には、素直で率直な感想がたくさん書かれていました。十代の方々からの丁寧なお手紙を読みながら、私はたいへん幸せな気持ちになりました。私の方が、たくさんの励ましをいただいたように思います。ありがたいことですね。

当日の講演会と講演後の交流会で、結城はたくさんの質問を受けました。それぞれの質問にはその場で出来る限り答えましたけれど、それからひと月以上過ぎた現在でも、私はそのときの対話を繰り返し思い出します。問いと答え。対話には不思議な力があります。

対話を振り返りながら、私は別のことを思い始めました。

私たちは、人生の中でいろんなところを通過します。

いうまでもありませんけれど、人生は決して平坦な道のりではありません。学校で、会社で、組織や仲間や家族のあいだで、さまざまな出来事があります。自分の力ではどうにもならない課題や悩みにぶつかることもあります。歳を重ねるごとに「ほんとうにいろんなことが起きるものだなあ」と思わざるをえません。

しかしながら「いろんなことが起きる」というのはネガティブな気持ちを引き起こすだけではありません。というのは、ぶつかった当時は「越えられない」と思っていた障害を何とか越えたり、回避したり、あるいは思いがけず雲散霧消したりという経験もまたたくさん積むことになるからです。「いろんなことが起きる」けれど、それは決してネガティブな結果になるとは限らないのです。

それと同時に思うこともあります。それは、子供のときの悩みが、たとえ大人にとっては、他愛もない悩みに見えたとしても、その当事者にとっては決して「他愛もない悩み」などではない、ということ。他者からどれほど小さな悩みに見えたとしても本人にとってはこの上なく大きな悩みに感じられるものなのです。

子供だろうが、大人だろうが関係ありません。

いま直面している課題こそ、人生最大の課題なのです。

なぜなら、それがどのように解決するものなのか、未来を見通すことができない人間にはまったくわからないからです。

そして、「自分は一人ではない」と気がつくのがとても大切だということもわかります。自分は一人ではない。同じ課題に直面している人が必ず居る。自分には見えないかもしれないけれど、世の中には必ず居るし、いつの時代でも必ず居る。そんな思いは、たとえ悩みのまっただなかにあっても、自分の孤独感を大いに軽減してくれるように思います。

神さまへの信仰を持っている人は、神さまがともにおられることを思い起こすかもしれません。特に信仰を持っていない人は、自分と共に歩んでくれる友人や知人や家族などを思い浮かべるかもしれません。

あなたはいかがですか。いまどんなところを通っておられるでしょうか。

◆玉川聖学院さんで講演を行いました。 - 結城浩のメール日記

* * *

今回の結城メルマガでは、ふだん私がどんなソフトウェアを使っているかを棚卸し的にご紹介します。また心の健康のコーナーでは「不安」が襲ってきたときの心の持ちように関して考えます。

それでは、今週の結城メルマガも、どうぞごゆっくりお読みください。



目次

  • どんなソフトウェアで仕事しているか - 仕事の心がけ

  • デザイナーさんとの打ち合わせで気付いたこと - 本を書く心がけ

  • 不安という名のアラート - 心の健康




どんなソフトウェアで仕事しているか - 仕事の心がけ

結城はふだんさまざまなソフトウェアを使って執筆しています。今回はそのうちからいくつかをご紹介しようと思います。自分が使っているソフトウェアは頻繁に変わるので、2023年11月ごろの記録として書いてみましょう。

ここから先は

9,277字 / 3画像 / 1ファイル

¥ 216

期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

いただいたサポートは、本やコンピュータを買い、さまざまなWebサービスに触れ、結城が知見を深める費用として感謝しつつ使わせていただきます! アマゾンに書評を書いてくださるのも大きなサポートになりますので、よろしくお願いします。 https://amzn.to/2GRquOl