見出し画像

長しとも思ひぞはてぬ昔より逢ふ人からの秋の夜なれば

#凡河内躬恒 (おおしこうちのみつね) #古今和歌集 #636 #jtanka #恋

「秋の夜は長い」なんて決めつけることはできませんよ。昔から、逢う人によって長くも短くも感じられるのが秋の夜なんですから。

「とも」は「と」を和らげたり含みを持たせたりする連語で「……ということも」の意味。

「思ひぞはてぬ」は「思ひ+ぞ+はて+ぬ」。「思ひ」は動詞「思ふ」の連用形。「ぞ」は係助詞で「思ひはつ」の間に入った。「はて」は補助動詞「はつ」の連用形で「すっかり……してしまう」の意味。「ぬ」は否定の助動詞「ず」の連体形。「ぞ……ぬ」は係り結び。「思ひぞはてぬ」は「完全にそうだと思うことはできない」という意味。

「逢ふ人から」は「逢ふ+人+から」。「逢ふ」は動詞「逢ふ」の連体形。「人」は名詞。「から」は原因・理由を表す格助詞。「逢ふ人から」はここでは「逢う人によって(いっしょに過ごす夜の長さが変わる)」の意味。

「なれば」は「なれ+ば」。「なれ」はナリ活用で断定の助動詞「なり」の已然形。「已然形+ば」は順接確定条件。「なれば」は「……であるので」の意味。

「なり」はラ変活用で推定などを表す助動詞「なり」と区別する。「男もすなる日記」(男も書くとかいう日記)。

636番の歌の「秋の夜が長いなんて名ばかり」に対して「いやいや長いなんて決めつけられませんよ」という返歌のようにも読める。

ながしとも おもひぞはてぬ むかしより あふひとからの あきのよなれば
ながしとも おもいぞはてぬ むかしより あうひとからの あきのよなれば
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、本やコンピュータを買い、さまざまなWebサービスに触れ、結城が知見を深める費用として感謝しつつ使わせていただきます! アマゾンに書評を書いてくださるのも大きなサポートになりますので、よろしくお願いします。 https://amzn.to/2GRquOl

結城浩です。《スキ》をしてくださるのは、大きなはげみです。感謝!
10
本を書いて生活しています。著書は『数学ガール』『プログラマの数学』『数学文章作法』『暗号技術入門』など多数。詳しい活動内容は https://mm.hyuki.net/n/n5f00c9cd281c をご覧ください。2014年度の日本数学会出版賞を受賞しました。

こちらでもピックアップされています

古今和歌集を読む
古今和歌集を読む
  • 70本

古今和歌集(こきんわかしゅう)から親しみやすい歌を読みます。やさしい解説付き。ちょっぴり優雅な言葉の時間をあなたに。