オリジナリティと本の価値(本を書く心がけ)
見出し画像

オリジナリティと本の価値(本を書く心がけ)

結城は数学者ではありません。ですから、自分が本の中に書く数学的内容というのは、どこかの本を見て学んだ内容であることがほとんどになります。

結城が書く本の多くには、巻末に参考文献や読書案内があります。数学的内容を学びたいならば、それらの参考文献を読めばだいたい書いてあるといえます。少なくとも情報としては書かれていることになります。だとしたら、わざわざ結城が新しい本を出す意味はどこにあるのでしょうか。

結城の本を読むよりも、参考文献に書かれている本を並べて読む方がいいというのなら、そうすることは可能です。もし読者さんがそうしないとすれば、読者は結城の本に何らかの価値を見出しているからでしょう。オリジナリティというのは、そのような、読者が見出す価値の一部をなすものではないかと思っています。

料理のメタファが有効でしょう。食材という素材があって、料理法があって、具体的に提供される料理があります。

料理を楽しむ人の中に「素材が同じなら、お腹の中に入ってしまえば、どんな料理も一緒」なんて言う人は少ないでしょう。

素材をどう料理して、美味しく楽しく食べてもらうのか。そこにオリジナリティがあります。

料理の価値は、食べる人が決める。本の価値は、読む人が決める。

そんなことを考えていました。

結城浩のメールマガジン 2016年4月26日 Vol.213 より

画像1

※もしも、この文章を気に入ってくださったなら「オススメ」や「スキ」で応援していただければ感謝です。

質問はこちらからどうぞ。

結城浩はメールマガジンを毎週発行しています。

#結城浩 #本を書く心がけ #オリジナリティ #本の価値 #執筆


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
結城浩

いただいたサポートは、本やコンピュータを買い、さまざまなWebサービスに触れ、結城が知見を深める費用として感謝しつつ使わせていただきます! アマゾンに書評を書いてくださるのも大きなサポートになりますので、よろしくお願いします。 https://amzn.to/2GRquOl

結城浩です。いつも応援ありがとうございます!
本を書いて生活しています。著書は『数学ガール』『プログラマの数学』『数学文章作法』『暗号技術入門』など多数。詳しい活動内容は https://mm.hyuki.net/n/n5f00c9cd281c をご覧ください。2014年度の日本数学会出版賞を受賞しました。