見出し画像

「投げ銭」という形でマイクロコンテンツを応援する

※全文を公開している「投げ銭」スタイルのノートです。

note(ノート)が始まりました。一般の人が文章でも音楽でもムービーでも手軽に公開し、そして課金できるプラットホームです。「何かおもしろいことできそうだ」と多くの人が感じています。

フリーライターの鷹野さんがさっそく「noteを「投げ銭」型で使ってみる」という興味深いコンテンツを公開しています。通常ならnoteで「途中まで」見せて「残りを見るならお金を払ってね」とやるところを、「最後まで見せて「おもしろかったらお金を払ってね」というスタイルです。

これはいわゆる「投げ銭」スタイルですね。

街角でギターを持って歌っている若者。その前にはギターケースが広げられている。歌う若者。周りで腕組みして聞いている人々。一曲終わり、ぱらぱらと拍手。そして何人かがギターケースに硬貨を投げ入れる。「よかったよ」なのか、それとも「今後に期待」なのか。

ノートの最後に「無料と有料の境目」を設置するノートの使い方は、この「投げ銭」スタイルと言えましょう。このようなスタイルは「シェアウェア」と似ています。「自由に使ってください。無料で使い続けてもいいですけれど、もし、もし気に入っていただけたなら、お金をお支払いいただければとても感謝です」というスタイルですね。

note(ノート)というプラットホームはそのような「投げ銭」を極めて簡単に実現できるようになっています。たとえば、私はこのノート(そう、あなたが見ているこのWebページ)を「投げ銭」スタイルで公開しようと思っています。一仕事終えて、帰りの電車の中で鷹野さんのノートを見て、(あ、それなら私はあのコンテンツを紹介して、こういう文章を書こう。そして「投げ銭」スタイルで公開しよう)と考えました。そしていま、夜中の自宅、食卓の上にMacBook Airを広げて「有料コンテンツ」を作っています。

私が紹介しようと思うWebページはこれ。GNUプロジェクトを始めたリチャード・ストールマンのエッセイ(何を隠そう、日本語訳を書いたのは私です)。タイトルは「自由か著作権か?」です(文字コードはShift_JISです。もしジャンプして文字化けするようならエンコードを変えてくださいね)。その中でストールマンはこんな興味深いことを書いています。

 "やがて、 コンピュータネットワークが、少額の金銭を誰かに送信する簡単な方法を提供するなら、 丸ごとそのままのコピーを制限する正当な理由はすべてなくなってしまうでしょう。 もしもある本が好きで、あなたのコンピュータ上にボックスがポンと出てきて、 そこには「著者に1ドル払うならここをクリック」と書かれていたら、 あなたはクリックしませんか?" (ストールマン「自由か著作権か?」)

これは…まさに「投げ銭」の仕組みにとても近い話ではないでしょうか?

もちろん、いまのところ「本まるごと一冊」は無理があるかもしれません。

でも、ちょっとした文章なら? 音楽なら? ビデオクリップなら? 

とはいえ、いかなる意味でも結論を出すのは早すぎますよね。何しろ今日は2014年の4月7日。note(ノート)がリリースされた当日なのですもの(!)

以上で、この短い文章は終わりです。

この先には何もありません。でも結城はここに「投げ銭」用の箱を置いておきます。100円なり。応援、よろしくです!

Photo by Giuliano Maiolini https://www.flickr.com/photos/giumaiolini/2458096615/

※以上の文章は2014年4月7日に一度公開したものです。修正して再公開します。

※以降に文章はありません。「投げ銭」での応援を歓迎します。

この続きをみるには

この続き:0文字

「投げ銭」という形でマイクロコンテンツを応援する

結城浩

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、本やコンピュータを買い、さまざまなWebサービスに触れ、結城が知見を深める費用として感謝しつつ使わせていただきます! アマゾンに書評を書いてくださるのも大きなサポートになりますので、よろしくお願いします。 https://amzn.to/2GRquOl

結城浩です。はげまされるのはとってもうれしい!
28

結城浩

書籍執筆者。著書に『数学ガール』『プログラマの数学』『数学文章作法』『暗号技術入門』など。http://bit.ly/hyuki-mm にて「結城メルマガ」をnote配信中。https://bit.ly/girlnote にてcakes連載中。2014年度日本数学会出版賞受賞。

「投げ銭」スタイル

「投げ銭」スタイルについての文章と、動画解説です。
1つ のマガジンに含まれています

コメント4件

はじめまして。結城さんのこの試みを見た藤井太洋さんに投げ銭システムを教えていただき、自分でもやってみることにした者です。一つの試みとして、とてもおもしろいですね。(^_^)
note(ノート)で「投げ銭」スタイルのノートを作る動画を公開しました。 https://note.mu/hyuki/n/n7c9caabe665c
初めまして。とてもわかりやすく、ワクワクしながら読ませて頂きました。自分の投げ銭用のページ( https://note.mu/fujiokatakutaro/n/nd0bd4cbcfe69 )でもこちらの記事を紹介させていただきました。
このノートに触れて、リンクを貼らせていただきました。投げ銭はなにやら感慨深いものがあります。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。